日本トーター・日刊スポーツ杯 GII 稲妻賞 展望

伊勢崎

catch.jpg

日刊スポーツ杯G2稲妻賞が、6月23日から27日まで5日間、群馬・伊勢崎オートレース場で開催される。全国ランク1位の青山周平が、大会3連覇を狙って臨む。その青山を中心に早川清太郎、高橋貢の「地元3強」が登場。荒尾聡、永井大介らの外来勢を迎え撃つ。

青山周平を筆頭に、早川清太郎、高橋貢の「地元3強」に注目
青山周平が大会3連覇を見据える。今年はSG優勝こそないものの、グレードレースは3度(G1シルクカップ、特別G1プレミアムカップ、G2川口記念)制すなど、抜群の安定感を誇る。6月5~8日の伊勢崎一般開催では、スーパーハンデを背負って見事に4連勝の完全Vを決めた。地元タイトル戦で主役は譲らない。今シリーズも優勝候補筆頭になる。
早川も伊勢崎走路では無類の強さを発揮する。鋭い攻めを駆使して宿敵・青山とのデットヒートを演じる。絶対王者・高橋貢にも注目。今年は1月の飯塚G1開設記念と2月伊勢崎G2レジェンドカップを制した。巧妙なハンドルさばきは衰えを知らず、健在ぶりをアピールする。

外来勢は、西日本エース荒尾聡、『ベットオンミー!』佐藤貴也
地元3強に対する外来勢の代表的存在は、西日本のエース荒尾聡。2月の浜松SG全日本選抜で優勝。3連覇を狙った川口SGオールスターでは、3日目の落車で残念ながら失権となった。潜在能力が高く、その勝負強さには定評がある。佐藤貴也も完全復活している。一時は調子を崩していたが、近況は地元浜松のG1ゴールデンレースを制すなど、状態がいい。鋭いダッシュと果敢なイン走法に期待したい。『ベットオンミー!』のキャッチフレーズでファンを魅了する。
ダブルグランドスラマー永井大介と若井友和の川口25期コンビ、飯塚の浦田信輔、山陽の佐々木啓らもマシンが仕上がれば、上位争いに浮上する。

登録費・年会費無料のAutoRace.JP投票に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

AutoRace.JP投票 新規会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
スマホ・パソコンからご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にAutoRace.JP投票をお試しください。