地元の快速派レーサー木村武之が通算17度目のG1制覇「自分にとって最高の枠順だった」/浜松

浜松
17年ぶりにシリーズを制した地元の木村武之(撮影・小川将司)

地元の快速派レーサー木村武之(44=浜松)が、シリーズ17年ぶりの優勝を決めた。G1は通算17度目の制覇。 木村は準決勝戦でメンバー中トップとなる上がり3秒383をマーク。マシンの状態は最高潮だった。

「スタートラインに並んだら雨が落ちてきたので、内心ドキドキしていた。序盤で抜け出せたのが大きかった。出遅れたら何もないので」

4周1角で逃げる高木を突破して先頭に立った。その後はアクセル全開でペースを上げ、鈴木圭一郎と青山周平の2強を振り切った。

「自分にとっては最高の枠順だった。このチャンスを生かせてよかった。地元タイトルはいつも意識しているので、すごくうれしい」
と笑顔で語った。次走のG2川口記念でも活躍が期待できそうだ。

登録費・年会費無料のAutoRace.JP投票に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

AutoRace.JP投票 新規会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
スマホ・パソコンからご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にAutoRace.JP投票をお試しください。