【報知提供】ついに過酷すぎるハンデの壁を突破した(青山周平)

伊勢崎

8月15日は、新たなる伝説がたくさん誕生しそうだ。今は、その予感しかしない。 準決勝戦12R。ただひとり、10メートル後方から発進した青山周平が腕に覚えある7人を一人残らずねじ伏せた。 スーパーハンデに耐久して、SGセミファイナルを突き抜けた。 佐々木啓を金子大輔を力ずくでパスした青山はロッカーに戻ると、何とも恍惚とした表情を浮かべていた。 そして、「すげえ~」とまるで他人事のように激闘の感激をその口から思わずもらした。 「もう、完璧。すごすぎる。リングを交換したんですが、ものすごく良かった状態にさらに上積みできた気がします。 やっとです。やっとスーパーハンデで勝つことができました!」 初日から最重ハンデ勢からさらに10メートル後方のハンデ位置から戦ってきたが、もう一丁状態アップに成功して、ついに1着ゴールを決めた。 このエンジンなら、今の青山なら、奇跡のハンデ克服が期待できる。 あまりに厳しいハンデ付与で、ほぼ実現は望み薄とされていた大会3連覇に俄然、光が差し込んできた。 「とにかく状態はいいんです。あとはスタートと序盤の展開ですよね。3日目は前半でちょっと動き切れなかっただけで6着でしたが、 準決勝戦はスタートでいいところまで行けたので勝つことができた。 優勝するためには、そこが一番のポイントになると思います。 独走力がすごい永井さんあたりがあっさり先行しちゃったら、僕は遠い後ろから"さようなら~"と言うしかないです(苦笑い) 混戦になればなったで、前にいるのはレジェンドな人たちばかりなので、それも大変です。 だから、もう、作戦は立てません。考えません。このエンジンを信じて戦うだけですよね! 生涯最高の状態と言っていいか?いえ、僕のピークはまだまだこんなものじゃないと信じていますからね~(最高にすっきりした表情で)」

登録費・年会費無料のAutoRace.JP投票に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

AutoRace.JP投票 新規会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
スマホ・パソコンからご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にAutoRace.JP投票をお試しください。