【報知提供】圭一郎がサトマヤが警戒するディフェンディング王者の動き

飯塚

最高の流れ、最良の状態で荒尾聡がオールスター連覇へ強力に王手をかけた。
自身初となる地元SG制覇へいよいよ機は完熟した。
準決勝戦10Rの動きは、ライバルたちをうならせる極上の動きだった。
佐藤摩弥にトップスタートこそ譲ったが、余力十分にすぐさま先頭へ。
首位に立つと、でっかいコースを優雅に、アグレッシブに駆け抜けて1着ゴールを決めた。
2年連続となるオールスタータイトル獲得へ荒尾は落ち着き払って、自信を口にした。
「はい、エンジンは本当にいいですね。特に伸びがある。伸びがある時は自分のいい時ですからね。
伸びがあるから大きいコースを走れます。もう、調整は十分だと思います。ステイです」
ステイホームならぬ、ステイロッカーで来たるべき決戦を待つことになる。

▼勝利へのポイント▼
ベスト8入りを果たしたあと、荒尾は言った。
「(地元で連覇達成のために)やることはやって来ましたからね。そのための準備はしてきたつもりです。
舞台は整ったと思います。あとはそうですね、自分を信じるだけです。自分を信じて、いつも通りに走るだけです!」
そして、3日目に続いて、4日目終了後も鈴木圭一郎は「とにかく荒尾さんの状態がよく見えるんですよね」と繰り返していた。
荒尾の仕上がりが突き抜けているだけに、鈴木はさらなる調整を進めるべきか、現況の仕上がりを信じて挑むかを悩んでいる。
それほど、今のデフジャムAK号はうなり切っている。
「自分は相手のことは気にしませんが、相手が自分のことを警戒してかく乱できているならそれはいいんじゃないですか」と不敵にほほ笑んで宿舎へと引き揚げていった。
(淡路哲雄)

登録費・年会費無料のAutoRace.JP投票に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

AutoRace.JP投票 新規会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
スマホ・パソコンからご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にAutoRace.JP投票をお試しください。