【日刊提供】荒尾聡が大会連覇&地元ビッグ初制覇/飯塚

飯塚

プレッシャーをはねのけ大会連覇した荒尾聡(撮影・梅根麻紀)

荒尾聡(38=飯塚)が5番手スタートから追い上げ、5周3コーナーで先頭に立ち、そのまま押し切って優勝。賞金1300万円を獲得した。荒尾は通算4度目のSG優勝で大会連覇。2着は青山周平、3着に篠原睦が入った。 想定とは少し違う勝ち方だった。1枠からトップスタートと思いきや、佐藤摩弥&篠原睦のカマシスタートにのみ込まれてしまい、5番手発進。 「スタートはどんぴしゃのタイミング。あれで行かれたのは、みんなが早かったからですよ」とスタートを振り返った。 ただ、エンジンはうなりを上げていた。「試走から手応えがあった。先頭に立ったら抜かれない自信はあった。ただ、道中、何回か厳しいところに入ったが、そこを行かないと勝てないので」。厳しいさばきで1車、また1車抜き上げた。5周3角で篠原睦(3着)をとらえると、そこからは後続をみるみる離す。8番手から追い上げてきた2着の青山周平が届かないほどの差をつけて、地元飯塚でのSG初制覇&大会連覇を成し遂げた。 新型コロナウイルス感染対策で、今節は無観客のナイターSG。会見ではスタンドを指さし、「あそこ(観覧席)で小さいころから見ていて育ったので、歓声がないのは寂しかった。でも地元のSGはずっと取りたかったから、今回は自分にプレッシャーをかけた中で優勝できたのは自信になりますね。テレビの前で観戦してくれた方が1人でも喜んでくれたら幸せです」。観戦がかなわず、ステイホームで応援してくれたオートファンに感謝した。 今回は開催告知のポスターに起用され、そんなプレッシャーもはねのけた優勝。これで名実ともに飯塚のエースライダーへと成長した。昨年は浜松の湿走路で圧勝。今年は地元の良走路で快勝。だからこそ、自分を戒める。「SGを取った次のレースが大事なんです」。次は5月7日からの飯塚開催で強い荒尾を見せてくれるはずだ。

登録費・年会費無料のAutoRace.JP投票に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

AutoRace.JP投票 新規会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
スマホ・パソコンからご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にAutoRace.JP投票をお試しください。