オッズパーク杯 SG第39回 オールスター・オートレース【準決勝戦予想(日刊スポーツ)】をUPしました

飯塚

9R 準決勝戦メンバー

・令和02年04月28日 18:40発走予定
・距離 4,100m 8周戦

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
選手名 西村龍太郎 高橋  貢 森  且行 渡辺  篤 三浦 康平 篠原  睦 佐々木 啓 金子 大輔
LG 山 陽 伊勢崎 川 口 浜 松 伊勢崎 飯 塚 山 陽 浜 松
期別 25期 22期 25期 31期 28期 26期 23期 29期
ハンデ 0 0 0 0 0 0 0 0

※◎=本命、◯=対抗、▲=単穴、☆=連下、△=連穴

日刊スポーツ展開予想

実績で勝る高橋が中心だ。今節は初日がレース不成立、2日目は3着、4日目は4着とまだ勝利はないが、そこは絶対王者の称号を持つ男。セミファイナルは8周戦に伸びるだけに、エンジン気配を巧みな整備力で上向かせ、0メートルオープン2枠から序盤で好位を奪う。鋭いさばきで抜け出し、首位へ浮上する。 次位筆頭は佐々木。3日目10Rの試走3秒27、レースでは猛然と追い上げ伊藤信夫には届かなかったが、浦田信輔を交わして2着した内容が光る。7枠とやや枠は遠いが、6枠篠原のスタート速攻に乗って出て早めに好位を奪い、逆転を狙う。 穴なら渡辺。ようやく得意のアウトコースを走れるエンジンに仕上がってきただけに、スピードを存分に生かせる展開なら一発は十分だ。 地元の篠原もトップスタートで主導権を握る展開に持ち込めば、しぶとく粘りそう。押さえは森。3日目12Rこそ8着だが、2日目9Rは試走3秒27まで出して快勝。あの気配が戻れば侮れない存在だ。

2連単 2=7、2=4、2-6、2-3
3連単 2=7-463、2=4-763、2-6-743

2連単 2=7、2-8、2-3、2-1
3連単 2=7-831、2-8-731、2-3-781

10R 準決勝戦メンバー

・令和02年04月28日 19:14発走予定
・距離 4,100m 8周戦

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
選手名 鈴木 宏和 前田  淳 岩崎 亮一 内山 高秀 荒尾  聡 佐藤 摩弥 木村 武之 若井 友和
LG 浜 松 山 陽 山 陽 伊勢崎 飯 塚 川 口 浜 松 川 口
期別 32期 27期 25期 26期 27期 31期 26期 25期
ハンデ 0 0 0 0 0 0 0 0

※◎=本命、◯=対抗、▲=単穴、☆=連下、△=連穴

日刊スポーツ展開予想

激戦を荒尾が制する。ここはスタート巧者がそろって、1周1コーナーの主導権争いがこのレースの鍵となりそう。安定してスタートが早い荒尾にとっては、むしろスタート合戦は望むところ。0メートルオープンの5枠とスタート出やすい位置にいるだけに、スタート遅れは考えづらい。一気に好位を奪って抜け出し地元SGファイナル進出を決める。 次位は女子レーサー佐藤摩に期待する。3日目12Rは4着止まりも、2日目10Rで強烈な追い上げから2着に食い込んだレース内容が良かった。近況は得意のスタート速攻に加え、イン攻めで浮上するさばきの鋭さも身につけただけに、メンバーと枠的にトップスタートは厳しくとも、気合のさばきで浮上を図る。 木村が3番手評価。今節は2日目5Rで1着すると、3日目11Rは試走3秒28と好気配から2着に入って日に日に動きは良化している。混戦なら1車ずつていねいにさばいて上位に食い込んできそうだ。 鈴木宏は強烈なスタートの持ち主。最内枠だけに、トップスタートは有力で、先手を奪えば内を締めて後続を混戦に誘って逃げ粘りもある。 ペースが上がらない激戦だと、若井の追い上げが届くシーンも十分、ありそうだ。

2連単 5=6、5=7、5=1、5-8
3連単 5=6-718、5=7-618、5=1-678

2連単 5=3、5=8、5-4、5-6
3連単 5=3-846、5=8-346、5-4-386

11R 準決勝戦メンバー

・令和02年04月28日 19:49発走予定
・距離 4,100m 8周戦

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
選手名 鈴木圭一郎 松本やすし 丸山 智史 平田 雅崇 浦田 信輔 伊藤 信夫 新井 恵匠 緒方 浩一
LG 浜 松 伊勢崎 山 陽 川 口 飯 塚 浜 松 伊勢崎 山 陽
期別 32期 32期 31期 29期 23期 24期 30期 30期
ハンデ 0 0 0 0 0 0 0 0

※◎=本命、◯=対抗、▲=単穴、☆=連下、△=連穴

日刊スポーツ展開予想

鈴木圭の独壇場となりそうだ。初日12Rはレース不成立になったが試走は3秒28をマーク。2日目10Rは上がり3秒350で1着。3日目12Rは試走3秒27、上がりは3秒342で1着と、試走も上がりタイムも及第点といえる内容を連日、マークしている。加えて今節はスタートも切れている。3日目12Rは0メートルオープン4枠からトップスタートで快勝。準決は最内枠なら枠を生かしたトップスタート濃厚と言える位置にいる。スタート飛び出して一気に加速し、後続を突き放して押し切り有力だ。 興味は次位争い。その筆頭は新井。今節は3戦2勝とエンジンは安定して動いている。過去、オールスターは17年、18年で2回優出と相性の悪くない大会でもあるだけに、鋭い追い上げで浮上するとみた。 松本が3番手評価。3日目12Rはトルクを求めた調整が重くなり過ぎて5着に終わったが、2日目11Rは上がり3秒379で快勝。2日目の動きが戻れば、SG初優出も十分、狙えそうだ。 浦田も侮れない。3日目10Rでは試走3秒27まで出ていて、ここまで未勝利ながらエンジン気配は十分、優出してもおかしくないだけの仕上がりだ。気合のさばきで地元ファイナル進出を目指す。 伊藤信は3日目10R1着で通算1000勝に王手をかけた。持ち味のスピードを発揮する展開なら怖い。

2連単 1=7、1-2、1-5、1-6
3連単 1=7-256、1-2-756、1-5-726

2連単 1=2、1-8、1-7、1-4
3連単 1=2-874、1-8-274、1-7-284

12R 準決勝戦メンバー

・令和02年04月28日 20:25発走予定
・距離 4,100m 8周戦

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
選手名 岡谷美由紀 中村 友和 重富 大輔 山田 達也 松尾 啓史 佐藤 貴也 中村 雅人 青山 周平
LG 浜 松 浜 松 飯 塚 川 口 山 陽 浜 松 川 口 伊勢崎
期別 32期 32期 27期 28期 26期 29期 28期 31期
ハンデ 0 10 10 10 10 10 10 10

※◎=本命、◯=対抗、▲=単穴、☆=連下、△=連穴

日刊スポーツ展開予想

このレースだけが岡谷が0ハン、残り7車が10メートルのハンデ戦。安定感抜群のS級1位、青山が中心だ。オールスターは初出場の12年から8年連続優出中と抜群の安定感を誇る相性のいいSGだ。10メートル線の大外から戦うが、2日目12Rの1着、3日目12Rの3着の試走、レースでの走りは悪くなく、ここも鋭い飛び出しで一気に好位を奪取して抜け出し大会9年連続ファイナル進出を目指す。 佐藤貴はここまで2、7、4着と仕上がりはひと息だったが、メンバー的にも10メートル線でトップスタートが有力。一気に先頭に立てれば、後続を翻弄(ほんろう)する走りで逃げ粘るケースも十分、ある。 穴は中村友。今節は2、3、1着とエンジンの気配は安定している。近況はスタートの切れも悪くないだけに、10メートル線最内の有利な位置を生かして、好位を奪えればスピード発揮で優出もありそう。 地元の重富はまくりが生きる展開なら好走も。0ハンの女子レーサー岡谷は初のSG準決勝。ハンデ位置が予選同様、主力の10メートル前と据え置きなのは有利。今節の直線の伸びは強力で、後続が混戦なら大逃げで好走も考えられる。

2連単 8=6、8=2、8-3、8-1
3連単 8=6-231、8=2-631、8-3-621

2連単 6=8、6-7、6-3、6-2
3連単 6=8-732、6-7-832、6-3-872

登録費・年会費無料のAutoRace.JP投票に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

AutoRace.JP投票 新規会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
スマホ・パソコンからご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にAutoRace.JP投票をお試しください。