鈴木圭一郎が好タイムで勝利も...跳ねに不安/飯塚

飯塚

鈴木圭一郎が初日メインの12R選抜予選を逃げ切った(撮影・木村重成)

初日メイン、12R選抜予選は鈴木圭一郎(26=浜松)が制した。 0メートルオープン2枠からトップスタートで逃げ切り。ただ、2着の伊藤信夫がずっと後ろに迫っていて、ワンミスも許されない厳しい状況をクリアした。 「スタートは抜群でした」と飛び出しはほぼ完璧だった。しかも、上がりタイムも3秒306と早い。ただ、気になるのは競走車の跳ねだ。「ドドド(不整振動)が来ていました。練習ではなかったから、原因はエンジンからなのかな...」とぽつり。先に伊藤信夫を出迎えた浜松勢の選手たちから『圭一郎が跳ねてたね~』って言ってたと伝え聞いて「ずっと後ろのエンジン音が聞こえるから...。跳ねがばれないように走ったつもりなのに、ばれてた」と苦笑い。 そんな状態でも好タイムで勝てただけに、エンジン状態は悪くないと思われる。まずは跳ね対策を施して、2日目はさらなる気配アップを目指す。

登録費・年会費無料のAutoRace.JP投票に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

AutoRace.JP投票 新規会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
スマホ・パソコンからご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にAutoRace.JP投票をお試しください。