庄内のやきにく王国 presents GII オーバルチャンピオンカップ 展望

飯塚

catch.jpg

福岡・飯塚オートのナイターG2「オーバルチャンピオンカップ」は、12月5~9日まで行われる。地元のエース・荒尾聡が、大会連覇を狙って躍動する。強敵は11月浜松G1を制して復調ムードの鈴木圭一郎だ。早川清太郎や、SG日本選手権を制した森且行も夜の戦いで奮戦する。

地元・荒尾聡が得意のナイター走路で強さを見せる
荒尾聡が地元で負けられない。今年はホームバンクで4月SGオールスター、7月G1ダイヤモンドレースと地元のビッグタイトルを制覇。ともにナイター走路で無類の強さを見せつけた。直前の浜松G1秋のスピード王決定戦は、湿走路の攻略に苦労しながら優出3着。動きは問題なさそう。今回は、新走路になり大会も初めてナイター照明のもとで展開される。荒尾は昨年大会からの連覇を目指し、当地におけるSG、G1、G2完全制覇へ、鋭い立ち回りを発揮する。

浜松G1優勝で上昇ムードの鈴木圭一郎が強敵
強敵は鈴木圭一郎だ。11月川口SG日本選手権のファイナルでは、道中で他落のアクシデントに見舞われた。マシンの影響が心配されたが、続く川口一般戦(優出2着)、浜松一般戦(優出3着)で優出を続け、浜松G1では試走3秒27をたたき出すと、レースはゴール前で高橋貢を逆転して優勝。久々のG1制覇にムードは上がってきた。

立て直し必至の早川清太郎、SGウイナー森且行らにも注目
他では、早川清太郎も侮れない。11月浜松G1では、まさかの連対なしに終わったが、立て直しは必至。飯塚は新走路を1度、経験済み(優出4着)なのは有利。また、SGウイナーとなった森且行や、さばきの達人・中村雅人、スタートの切れる佐藤摩弥も上位争いに加わる。

登録費・年会費無料のAutoRace.JP投票に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

AutoRace.JP投票 新規会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
スマホ・パソコンからご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にAutoRace.JP投票をお試しください。