金子大輔、2着で優出「今年一番のスタート」/飯塚

飯塚

ファンと触れ合う金子大輔(撮影・栗木一考)

金子大輔(39=浜松)はクラッチ板の修正が功を奏した。準決11Rは6枠から2番手スタート。逃げた青山周平には追いつかなかったが、3番手を引き離して2着でゴールした。「今年一番のスタートが切れた。多少は改善できたけど、立ち上がりで滑って離された。下周りの整備でパーツを点検してタイヤを換える」。エンジンを組み直す大整備が当たれば動き一変が見込める。

登録費・年会費無料のAutoRace.JP投票に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

AutoRace.JP投票 新規会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
スマホ・パソコンからご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にAutoRace.JP投票をお試しください。