木村武之は地元でのSG優勝ならずも2着は確保/浜松

浜松

12R優勝戦、1着鈴木圭一郎(2号車)、2着木村武之(1号車)、3着藤岡一樹(3号車)(撮影・柴田隆二)


1枠の木村武之はスタートで車を浮かせて2番手発進となった。逃げた鈴木圭一郎をぴたりとマークして追走。4周目あたりから3番手が離れだし、2車のマッチレースとなった。「エンジンはいい状態だった。7周目ぐらいから圭一郎がペースを上げてきて付いていけなかった」。後半は徐々に鈴木との差が広がり逆転はならなかった。SG3冠の木村だが、地元でのSG初優勝は持ち越しとなった。

登録費・年会費無料のAutoRace.JP投票に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

AutoRace.JP投票 新規会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
スマホ・パソコンからご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にAutoRace.JP投票をお試しください。