山際真介、大幅な時計短縮で勝負駆け成功/川口

川口

動きを一変させて準決に進出した山際真介(撮影・海老原実)

地元の山際真介(44=川口)が、大幅に時計を短縮して勝負駆けを成功させた。準々決勝7Rは、枠なり3番手スタートから2周1角で2番手に上がり、3周3角で抜け出し押し切った。「足周り対策でフォーク周りとフレームを扱い良くなった。冷えるとエンジンはいい、最近は雨の感じがいい」。準決12Rは湿走路になればさらに勝機が膨らむ。

登録費・年会費無料のAutoRace.JP投票に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

AutoRace.JP投票 新規会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
スマホ・パソコンからご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にAutoRace.JP投票をお試しください。