青山周平がキューポラ杯制しG1通算12勝/川口

川口

笑顔で賞金ボートを掲げる優勝した青山周平(撮影・柴田隆二)

優勝戦が12Rで行われ青山周平(34=伊勢崎)が4周回3コーナーで先頭に立って押し切り、キューポラ杯は初、G1は12回目の優勝を飾った。2着は若井友和、3着には高橋貢が食い込んだ。結局、10R前に降り出した雨が止まず、ファイナルは湿走路での開催。滑る難走路を巧みに乗りこなしたのが、結果的には青山だった。「高橋貢選手に雨の乗り方を教わった」のが、大きく、試走から3秒68の1番時計。試走の気配通り、本番もしっかり結果を残した。「スタートは自分では遅れたと思いました。それがなぜか1周回で2番手に上がっていた」。混戦を秀逸なグリップワークで好位を奪うと、そのまま先頭を走っていた黒川(4着)を追撃。4周回3コーナーで黒川の内に飛び込むと、少しコーナーではらんだが、黒川、3番手を走っていたや追ってきた若井を抑える形で5周回1コーナーを先頭で回って押し切った。「少し粗い走り方になってしまった」と反省点を口にした。 17年飯塚「ダイヤモンドレース」以来12回目のG1制覇。表彰式では「(SG)グランドスラム頑張れ!」の声。残る1冠は「全日本選抜」。10月当地で行われるだけに、その前の8月、地元伊勢崎で「オートレースグランプリ」とともに19年下半期のビッグレース戦線へ弾みをつけた。

登録費・年会費無料のAutoRace.JP投票に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

AutoRace.JP投票 新規会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
スマホ・パソコンからご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にAutoRace.JP投票をお試しください。