丹村飛竜は「乗り味駄目」も3着確保/浜松

浜松

3着の丹村飛竜は淡々とレースを振り返る(撮影・柴田隆二)

丹村飛竜(34=山陽)はスタートで2番手につけて逃げた荒尾聡を追ったが、車が進まなかった。最後の直線で吉原恭佑に抜かれて3着。「良かったのはスタートだけ1番試走の荒尾さんにはかなわない。乗り味は全然駄目。エンジンが雨には合っていなかった」。それでも、3連続SG優出を果たして成長力を見せつけた。山陽のエースは年末の頂上決戦・SS王座決定戦トライアル切符をほぼ掌中にした。

登録費・年会費無料のAutoRace.JP投票に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

AutoRace.JP投票 新規会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
スマホ・パソコンからご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にAutoRace.JP投票をお試しください。