荒尾聡が独走Vで3回目のSG制覇/浜松

浜松

優勝した荒尾聡が笑顔で優勝杯をかかげる(撮影・柴田隆二)

荒尾聡(37=飯塚)がトップスタートから独走で後続を大きく引き離し、2017年スーパースター王座決定戦以来、通算3回目のSG制覇を飾った。オールスターは2007年以来、2回目の制覇。激戦の2着争いは最終周回のゴール前で吉原恭佑が先着。丹村飛竜は3着。 湿走路で試走は3秒69と断然の1番時計。「いろいろと気合が入っていました。1番人気で勝ってやろうと、試走から圧倒したタイムを出そうと思った」まさに有言実行。「スタートも空回りせず抜群に切れた」。序盤から後続を離すだけ離して、つけいる隙を与えない完勝だった。 「こんな買いにくい選手をオールスターへと投票して応援して下さったファンの皆さんと、家族と、仕事でともに支えてくれている仲間のお陰です」と周囲のサポートとファンあってのSG制覇であることを強調した。 次走は5日からの地元、飯塚での普通開催。「次が大事ですよね。一走一走集中して走っていきたい」と今後の抱負を話していた。

登録費・年会費無料のAutoRace.JP投票に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

AutoRace.JP投票 新規会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
スマホ・パソコンからご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にAutoRace.JP投票をお試しください。