SG第33回スーパースター王座決定戦特設サイトを更新しました 【SSトライアル戦予想 4日目】

川口

11R SSトライアル戦メンバー

・平成30年12月30日 16:07発走予定
・距離 4,100m 8周戦

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
選手名 池田 政和 高橋  貢 早川清太郎 篠原  睦 青山 周平 荒尾  聡 鈴木圭一郎 若井 友和
LG 川 口 伊勢崎 伊勢崎 飯 塚 伊勢崎 飯 塚 浜 松 川 口
期別 23期 22期 29期 26期 31期 27期 32期 25期
ハンデ 0 0 0 0 0 0 0 0

※◎=本命、◯=対抗、▲=単穴、☆=連下、△=連穴

日刊スポーツ・木村記者展開予想

枠番抽選を引いた順番は青山→池田→荒尾→若井→早川→篠原→高橋→鈴木。その時に引いた番号が枠番になっている。
日に日に動きが良くなっている青山に期待する。3日目12Rは試走3秒25、上がり3秒349で快勝。3日目を終えて3走25点で現時点ではトライアルの得点1位だ。SS王座戦へ向け、ポイント的には当確が付く形にはなっているが、SS王座戦で好きな枠番を得るためにも、ここは上位で通過しておきたい。
幸い、スタートの切れはかなりいいだけに、ここもトップスタートで出て、そのまま後続を巧みに抑えるとみた。
勝負駆けと窮地に追い込まれた鈴木が対抗だ。3日目11Rは道中で競走戒告を取られ、しかも8着に終わった。これで3走12点しかポイントがなく、4走19点をSS王座戦進出のボーダーとすれば、2着以内は何としても欲しい状況。4期連続全国ランク1位の意地をかけ、何としてもエンジンを仕上げてトライアル突破を図る。
荒尾が怖い。3日目12Rでは最後方まで下がる厳しい展開だったが、じわじわ追い上げて3着に浮上した。今節に限ってはスタートだけがひと息も中盤以降の動きは素晴らしいだけに、追い上げてくるとみた。
エンジン気配のいい高橋、池田の内枠両者もスタート次第で侮れない存在だ。

2連単 5=7、5-6、5-2、5-1
3連単 5=7-621、5-6-721、5-2-761

2連単 2=6、2-7、2-8、2-5
3連単 2=6-785、2-7-685、2-8-675

12R SSトライアル戦メンバー

・平成30年12月30日 16:55発走予定
・距離 4,100m 8周戦

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
選手名 中村 雅人 金子 大輔 永井 大介 木村 武之 佐藤 貴也 丹村 飛竜 加賀谷建明 新井 恵匠
LG 川 口 浜 松 川 口 浜 松 浜 松 山 陽 川 口 伊勢崎
期別 28期 29期 25期 26期 29期 29期 27期 30期
ハンデ 0 0 0 0 0 0 0 0

※◎=本命、◯=対抗、▲=単穴、☆=連下、△=連穴

日刊スポーツ・木村記者展開予想

12Rの枠番抽選を引いた順番は佐藤→丹村→新井→加賀谷→永井→木村→中村→金子。その時に引いた番号が、そのまま枠番になっている。
永井がスピードを発揮する。大混戦になった3日目11Rはスタートで好位を奪えなかったため5着止まりも、エンジン気配は引き続き良さそう。こちらも3走24点あって、SS王座戦進出ボーダーを4走19点と見れば、完走当確ではあるが、SS王座戦で好枠を得るためにも、スタート一気に主導権を握って押し切るとみた。
佐藤が対抗だ。2日目の反則妨害で勝ち上がりの権利こそないが、3日目11Rは佐藤の真骨頂といえる、先手を奪って後続を抜かせないしぶとい走りで1着。ここも、強烈なスタート力で先手を奪うようなら、逃げ切りも十分ある。
木村が3番手評価。3日目12Rこそ6着に終わったが、初日、2日目ともに2着の動きに戻れば、首位争いに食い込むシーンも。
丹村は初日、2日目でともに競走注意で減点1を取られ、3走13点で優出へは3着以内が欲しい勝負駆け。今節はスタートが強烈に切れていて、エンジンもかなりの好仕上がり。トップスタートで出られるようなら、波乱を演出する可能性も十分ある。
初日の落車妨害で失権している中村だが、エンジン自体は落車前よりむしろいいだけに、大穴なら中村絡みだ。

2連単 3=5、3=4、3-6、3-1
3連単 3=5-461、3=4561、3-6-541

2連単 6=5、6=8、6-2、6-1
3連単 6=5-821、6-8-521、6-2-581

登録費・年会費無料のAutoRace.JP投票に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

AutoRace.JP投票 新規会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
スマホ・パソコンからご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にAutoRace.JP投票をお試しください。