オッズパーク杯 SG 第22回 オートレースグランプリ 【優勝戦予想(日刊スポーツ 木村記者)】をUPしました

伊勢崎

12R 優勝戦メンバー

・平成30年08月15日 20:40発走予定
・距離 5,100m 10周戦

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
選手名 早川清太郎 青山 周平 高橋  貢 鈴木圭一郎 佐藤 貴也 永井 大介 西原 智昭 岩見 貴史
LG 伊勢崎 伊勢崎 伊勢崎 浜 松 浜 松 川 口 伊勢崎 飯 塚
期別 29期 31期 22期 32期 29期 25期 28期 29期
ハンデ 0 0 0 0 0 0 0 0

※◎=本命、◯=対抗、▲=単穴、☆=連下、△=連穴

日刊スポーツ・木村記者展開予想

鈴木圭が史上6人目のSG全冠制覇を達成するとみた。デビューからここまでの道のりを簡単に振り返っても、その非凡さは特筆もの。デビュー3年4カ月目の2016年10月の川口「全日本選抜」で史上最年少&デビュー後最短SG制覇を飾ってから、同年に「日本選手権」、「スーパースター王座決定戦」も制して翌年4月に川口「オールスター」Vで史上初のSG4連覇。昨年のこの大会の時点ですでにSGグランドスラムに王手をかけていた。
その昨年は高橋貢に敗れ準優勝。持ち越しとなったSG全冠制覇を達成すべく、今回は昨年の大会以上にエンジンの仕上がりがいい。
この大会も別に〝鬼門〟と呼べるほど苦手な訳ではない。2015年が優出4着。2016、2017年大会では準優勝と、あと一歩のところまでは来ている。今節は大きくフロントを持ち上げて出遅れながら猛烈な追い上げで勝った3日目以外はスタートの切れも上々。前述したように、マシンの状態は初日から好気配を維持している。0メートルオープン戦4枠から好スタートを決めて、あとは抜群の車速をフルに生かしてVへまっしぐら。今度は史上最短のSGグランドスラムという記録を達成するとみた。
興味は2着争い。トップスタート有力な青山が2番手評価。3番手評価は今節、スタート切れている早川。主導権を握れば怖い存在。
押さえが混戦で台頭する佐藤貴、スピード発揮する展開で永井。

2連単 4―2、4―1、4―5、4―6
3連単 4―2―156、4―1―256、4―5―216

2連単 3―5、3―4、3―2、3―1
3連単 3―5―421、3―4―521、3―2―541

登録費・年会費無料のAutoRace.JP投票に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

AutoRace.JP投票 新規会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
スマホ・パソコンからご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にAutoRace.JP投票をお試しください。