• ■ 推理の方法
  • ■ 「試走タイム」に隠されたヒント
    試走タイムは、その日の競走車と選手のコンディションを知る手掛かりとなる。試走タイムが分かったら、各選手のハンデと照らし合せる。軽ハンデの選手が重ハンデの選手より良い試走タイムを出していたら、その軽ハンデの選手は有力だと考えるのが妥当。
  • ■ 「近況成績チェック」で選手の実力をつかめ
    最近どのような成績を残しているのか。そのときの本走・試走タイムは。 とくに試走と本走の差にはチェック。フリーな状態で走る試走タイムより、競り合いながら走る本走タイムが悪くなって当然。速い試走タイムを出しても過信は禁物。晴走路の場合、試走と本走の差は、0.09~0.10というのが基準でしょう。
  • ■ 「スタート力」に気をつけよう
    スタートの早い選手は、外枠からでも、いとも簡単にトップに躍り出る。また、特別早い選手は10ハンデあったとしても1コーナーまでに抜き去っていくこともあり、レース展開を一変させる事も。選手のスタート力は、予想紙に◎や△などの印、あるいは「早い」「遅い」などと表されているので参考にしよう。
  • ■ 「天気」がレースの流れを変える
    雨天の場合、選手にとって得手不得手がはっきりと出るため、試走タイムはもちろん、実績等を考慮する必要がある。なお、予想紙も別枠で雨走路の予想及び、データを載せているので、これも参考にしよう。