SGレース インフォメーション

SG RACE INFORMATION

  第20回全日本選抜・12R優勝戦メンバー

発走予定時刻 :16:25
距 離 :5,100m(10周)
×        
      ×  
枠番
田中 茂 伊藤信夫 有吉辰也 佐々木啓 山田真弘 牛澤和彦 松山茂靖 深谷 輝 選手名
飯塚
26期
浜松
24期
飯塚
25期
山陽
23期
船橋
24期
川口
20期
浜松
26期
川口
26期
所属
期別
10 10 10 10 10 10 10 10 ハンデ
④3.38
①3.34
①3.36
①3.34
②3.40
①3.36
②3.37
②3.37
⑥3.39
④3.38
③3.39
②3.37
②3.39
①3.37
⑥3.40
②3.35
⑥3.41
②3.38
②3.42
①3.37
②3.41
④3.39
②3.38
①3.37
④3.40
③3.36
①3.42
①3.33
①3.38
①3.37
⑤3.40
②3.35
今回成績
3.27
3.25
3.27
3.26
3.27
3.26
3.29
3.30
3.29
3.30
3.28
3.32
3.31
3.29
3.34
3.31
3.33
3.32
3.52
3.35
3.29
3.33
3.28
3.33
3.34
3.29
3.44
3.30
3.31
3.31
3.31
3.31
試走
タイム
0.05
0.06
0.16
0.08
0.16
0.18
0.25
0.10
0.19
0.17
0.13
0.12
0.12
0.11
0.10
0.07
0.15
0.06
0.07
0.08
0.13
0.03
0.17
0.18
0.18
0.05
0.09
0.09
0.17
0.12
0.21
0.07
スタート
タイミング
9/3 21/3 3/0 9/0 7/1 7/0 初優出 初優出 SG歴
優出/V

※◎=本命、◯=対抗、×=次位、△=注意

サンケイスポーツ・高山記者展開予想

 岡部、永井、池田とSG優勝戦の常連が次々に敗れて場内の空気も色めき立った準決だが、田中だけはしっかり人気に応えて1着。売り上げ面を心配する関係者も、ようやく胸をなで下ろしたことだろう。
 やはり中心は田中茂。3日目、準決と道中隙を逃さずきっちり台頭してくる走りは、まさに王者の証。2枠の松山が開け開けで逃げればペースは上がりそうだが、後方待機策となった準決とは一転、伊藤信のダッシュに乗って行ける分、序盤の展開は楽になりそうだ。これなら例え松山がペースを上げても、それ以上のペースで追い上げてSG4連覇を飾ってくれることだろう。
 前節GⅠ初Vの余勢をかって準決ではシリーズ最高タイムを叩き出した松山も好リズム。カマして出る伊藤信、前節当地で田中を破りVの佐々木が相手になる。

出目 晴れ→ 2連単 8=2 8-7 8-5 /雨→ 2連単 8-5 8-3 8-1
    3連単 8-2=7       3連単 8-5=3    
      8-2=5         8-5=1    
     

8-7=5

        8-3=1    

選手コメント
1号車 深谷 輝 SG初優出でうれしい。今日はスタートに集中していった。エンジンは納得の動き。タイヤが跳ねるのでフロントタイヤを作る。明日は同期の松山君に負けない位大きなコースを走る。(笑)
2号車 松山茂靖 自己最高タイムが出た。車は浜松からずっと安定しているので大きな整備はしない。今日のようにスタート切って逃げる展開に持ち込みたい。
3号車 牛澤和彦 この4日間では昨日のほうが乗りやすかったが、今日のメンバーで勝てたのだからエンジンはいいと思う。後は微調整程度で。タイヤは今日のものを使う。
4号車 山田真弘

昨日の夕錬から手応えがあった。今日は信夫君に一度交わされたが、自分の車のほうが強めだったので抜き返せた。エンジンは冷えたほうが良いと思う。タイヤは今日のものを使う。

5号車 佐々木啓

今日は最後の2周でタレたのでそのあたりを考えて整備する。明日はもうひとつ外のコースを走りたい。スタートは最近切れている。

6号車 有吉辰也

昨日クランクを替えたが、直線が足りない。気になるところがあるのでエンジンを下ろして点検する。スタートが切れていない。タイヤは借りたものが良いのでそれを使う。

7号車 伊藤信夫

今日は早めに先頭に立てたが、回転が上がらずコーナーもスムーズに回れなくてきつかった。整備は4日間大きなことをしていないのでこれから考える。スタートは切れている。

8号車 田中 茂

エンジンを2日目の状態に戻したところ重さが解消した。前回の川口と同じくらいで満足の動き。SG4連覇を目指す。

ページTOPへ