競走車の解説
競走車の解説open
オートレースの競走車は、走るために不必要なものは一切装備されていない独特のスタイルをしている。 競走車は選手自身の手により調整・整備されていて自分の個性と作戦を考えながら勝つための最高の競走車を創りあげていくのだ。競走車のユニークな呼名は、選手たちがそれぞれの思いを込めて愛車につけたものなのである。
勝敗の行方は「セア」の調整が握るopen
「セア」(Super-Engine of Auto Race)はオートレース専用に開発されたスズキ製600ccのエンジンで、苛酷な条件に耐えながら、選手一人一人の操縦技術を存分に引き出すことができる。エンジンの調整・整備は個々の選手に委ねられているので、その調整次第で性能も勝敗の行方も大きく変化します。(新人選手は排気量の小さい500ccのエンジンを使用)
ブレーキがないopen
レースが接近戦行われるので急なブレーキ操作は追突事故のもととなるからブレーキは備え付けていない。なお、キャブレターにはアイドリング機能がなく、シャッターが完全に閉じるためエンジンブレーキの効きは強力になっている。
ハンドルの高さが違うopen
コースを左回りで終始傾斜させ走行する競走車は、ハンドルが路面と水平になるようにして安定性を向上させるせために左ハンドルが高くなっているのだ。
計器類がないopen
メーター、ランプ類など、競走に必要ないものは取り除かれている。セルモーターや始動キックペダルも装備されていないので、エンジンの始動は押しがけで行っている。
ダイヤモンド型フレームopen
激しく繰り返される加減速に耐え、ねらったラインを正確にたどるには強固なフレームが不可欠となるためJAPエキセルシャー型から発展したダイヤモンド型フレームを採用している。三角フレーム、エンジン、エンジンプレート、上下バックフレームをすべてボルト& ナットで連結している。エンジンの振動と落車時の変形を最小限にとどめる機能的なものなのだ。
独自のサスペンション構造open
フロントはコイルスプリングのスプリングのみのテレスコピック形式のフォークとオイルフォークの2種類。リヤはまったくのリジット。 これは、タイヤが限界を越えて横滑りをしたとしても、マシンのコントロールを容易にするためです。
ヒザ当てopen
競走車を抑えるために必要なオートレース独自なもの。
2段変速トランスミッションopen
ローギヤでスタートし、トップギヤに入れ替えたら、あとはアクセルワークによる加減速のみ。トップギヤのパワーバンドは、時速50km~150kmと非常に広いためにコントロールには細心のテクニックが要求される。
三角タイヤopen
カーブでの接地性をよくするため、タイヤの断面は三角形をしています。雨天用の特別なタイヤはなく、トレッド部の高いものを「雨天用」、低いものを「晴天用」として使用するほか、寒冷期には、ブロックパターンはそのままでゴムの発熱性を高めたもの(KR-73W)を前輪に使用している。全て、オートレース専用タイヤ(ダンロップKR-73S、3.00-20-4PR)を使用。タイヤの寿命は3~4レース。