青山周平が弾丸スタート決め快勝、グレードレース3連覇達成/伊勢崎

伊勢崎

賞金ボードを掲げる青山周平(撮影・木村重成)

青山周平(37=伊勢崎)が1周回3角で先頭に立って押し切り優勝。大会は連覇、G1は17度目、通算70回目の優勝。2着は早川清太郎が追い上げ、3着は三浦康平が入った。
まさに弾丸スタートだ。10メートル線で7車並んだ大外から内の6車を置き去り。一気に0ハン渋沢憲司の後位につけると1周3角でかわして、後はみるみる後続を引き離す。序盤は渋沢と三浦が2番手争い、終盤は三浦と早川の2着争いを尻目に独走で上がり3秒341の好タイムで快勝。昨年に続き、走り初めのシルクカップを制して、これで山陽G1スピード王決定戦、川口SGスーパースター王座決定戦、そして今回とグレードレース3連覇を難なく決めた。
「4日目からはエンジン点検してピストンを交換しました。ピストンを替えたのが一番効いたと思います。セッティングはとりあえずそのまま行ったんで...。タイヤはなかったんで、スーパースター王座戦のタイヤで行きました。一番いいのかなって。タイヤも良かったと思いますよ。エンジンは今節の中では一番良かった。整備で良くなった感じです」エンジンもタイヤでの上積みもあって、シルクカップ連覇を決めた。
「スタートは朝練習でも切れたり切れなかったり、バラバラでした。それでレース前にクラッチを点検しました。スタートはびっくりしました。すごい切れて、1周3角を先頭で帰ってきて展開が良かった。予想してなかった」絶好展開を自ら作り出して、しっかり初笑いを決めた。
「これ以上ない滑り出しですね」と話した青山。休む間もなく、11日前検で12日初日の川口普通開催が控えている。2022年もNo.1の走りを各地で見せつける。

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター

お問合せ

03-6421-7401

福岡地区

0948-21-2345

山口地区

0836-35-2424

受付時間

受付9:30 ~ 最終レースまで