鈴木圭一郎「うれしい!エンジン完璧だった」冷静に大会初優勝/山陽

山陽

優勝した鈴木圭一郎は笑顔を見せる(撮影・梅根麻紀)

鈴木圭一郎(26=浜松)が大会初制覇を飾った。20年の飯塚オーバルCC以来、通算4度目のG2優勝を決めた。2着には地元の丹村飛竜、鈴木の最大のライバル青山周平は追い上げ届かず3着となった。
「うれしい! 特に整備してないけど、エンジンは完璧だった」。その言葉どおり、鈴木は試走3秒26のトップタイムをマーク。本番は、序盤で抜け出した上和田拓海を、丹村が差して先頭に立った。「今節はクランク交換して、日本選手権よりエンジンが良かった」。仕上がりに自信を持つ中、チャンスを待った。6周1角、その丹村を内から突破してトップを奪った。
妻の吉川麻季が2日目3Rで落車負傷したことに触れ、「周りの方に迷惑をかけたので、優勝戦はその分まで頑張ろうと思った」と話した。これで今年はSG2度優勝(オールスター、日本選手権)を含む4度目のグレード戦優勝。年末へ向け、さらに勢いは加速する。

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター

お問合せ

03-6421-7401

福岡地区

0948-21-2345

山口地区

0836-35-2424

受付時間

受付9:30 ~ 最終レースまで