【日刊提供】鈴木圭一郎が最終盤に先行2車を逆転して涙のSG10度目Vを達成/浜松

浜松

笑顔で賞金ボードを掲げる鈴木圭一郎(撮影・柴田隆二)

鈴木圭一郎(26=浜松)が9周3~4角で先頭に立って優勝、大会3度目、SGは10度となる区切りの勝利を飾った。2着に青山周平、3着に荒尾聡が入った。
涙の選手権3度目の制覇だった。「父や妻(吉川麻季)の顔や、お客さんの声援と、いろいろが重なって」ヘルメットを脱ぐと涙があふれて止まらなかった。「うれしいしか、言葉がない」。思い返せば最初に当地のSGを取った16年の日本選手権でも表彰式で大粒の涙をみせていた。地元のファンの声援に支えられてのSG優勝は格別なものだったことが、うれし涙に現れた。
スタートは5番手発進。「行かれてしまって、引くしかなかった。でもチャンスがあれば行こうと思っていた」。整備はヘッドのバルブ交換。直前までセッティングをしっかりやって、レースへ臨んだ。
「競走車の進み具合はすごく良かったと思う。タイヤは当てたので良かったのがあったのでそれで行った。手前が試走から良くてスタート行けたらチャンスあると思ったんですけど...」結果的にスタートは行けなかったが、逆に追い上げる形で勝利をものにした。
前には青山周平、荒尾聡がつながって走っていた。「いろいろやられたレースとか見て、同じようなレース展開があったらというイメージはしていた」冷静に周回を重ねつつ、前をとらえる準備はしていた圭一郎にチャンスは訪れた。9周回3~4角。内を締めてペースの上がらない青山に対し、荒尾はまくり切る勢いで外へ行く。青山は精いっぱい内から抵抗しわずかに内の懐が空いた! 鈴木はそこを見逃さず、一気に突き抜け先頭に立つと、そのままトップでゴールを駆け抜けた。
「SG10度目? これからも取りたいと思っているので通過点です。今年は、すごくいいとは思うけど、(全冠制覇がかかっていた)オートレースグランプリ取れなかったという悔しい思いもあって。やる気はだれにも負けない気持ちでやっているんで、とりあえず今年2個目を取れて良かったです」とうれしそうに話した。
今後の抱負もシンプルだ。「お客さんに喜んでもらえるようなレースをしたい。年間賞金王やMVPは気にしません。プレッシャーに弱いので(笑い)。1走、1走頑張ります」と話した。 「(今回の優勝戦を)平常心で臨めたな、と思います。いつもSG取れた時に思うんですけど、いい緊張感だったな、と」競走車の調整をやれるだけやって、結果も残した爽やかな緊張感を実感し「レースが楽しかったですね」と締め、今年も残り2カ月弱だが、いつも通りの1走、1走を綺麗に勝ちきるレースで年末のSS王座戦まで突っ走る。

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター

お問合せ

03-6421-7401

福岡地区

0948-21-2345

山口地区

0836-35-2424

受付時間

受付9:30 ~ 最終レースまで