【報知提供】最も欲しいタイトルに王手の荒尾聡「今は落ち着いている。獲れる時は獲れる」

浜松

現在、多くの選手が業界最高峰のレース、最も勝利したいタイトルにスーパースター王座決定戦を挙げる。
特に新進系の若手レーサーたちにその声は多い。
しかし、荒尾聡にとっては、日本選手権こそが最も欲するタイトルであり、憧れ続け、追い求める勲章である。
「そうですね。自分にとって日本選手権が一番だという思いに変わりはありません。やっぱりダービーは特別なんです」
2001年に27期生として選手生活をスタートさせた。今年がデビュー20周年。
これまで日本選手権は10度も優出を決めて、2着は4回を数える。
何度も何度も王手をかけて、銀メダルは4つ得たが、ダービー王の栄冠とはニアミスを続けている。
今回が11度目のチャレンジとなる。
準決勝戦9Rは金子大輔に屈しての2着ゴールだった。
「まだまだ優勝を狙える状態ではないですよ」とレース後は淡々とコメントした。
以前の荒尾なら、きっとマシンをひっくり返して大整備を敢行していたはずだ。
しかし、今は違う。
キャリアと経験を重ねに重ねて、今すべきこと、しなければいけないこと、してはいけないことを熟知している。
「本当にそうですね。昔はすぐに手を動かしました。
でも、当時にいろいろたくさんやったお陰で勉強になったことが本当にたくさんありました。
あの時間があるから、今の自分がある。だから、今は落ち着いている。
別に2番でも3番でもいい。獲れる時は獲れる。それを学びましたからね」
決戦を前にして泰然と構える所作には、もはや貫禄すら漂っている。
「ここまで来たら、あとはやれることをやって備えるだけです。やれることをやって挑みたいです!」
今年こそ、荒尾にダービーの神様はほほ笑むか。ほほ笑みそうな雰囲気は確実にある。
(淡路 哲雄)

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター

お問合せ

03-6421-7401

福岡地区

0948-21-2345

山口地区

0836-35-2424

受付時間

受付9:30 ~ 最終レースまで