中村雅人が本領さばき発揮「たまには勝たせてもらいますよ」/浜松

浜松

久々にグレードレースを制して嬉しそうな中村雅人(撮影・小川将司)

レース巧者の中村雅人(40=川口)が、道中逆転で制した。通算61度目、G2は5度目、今大会は16年以来、2度目の制覇を果たした。2着は有吉辰也、地元の金子大輔が3着を守った。 グレード戦初出場の0ハン深谷俊太がペースを上げられず、有吉と金子が抜け出す展開となった。中村は人気を集めた鈴木圭一郎と荒尾聡より先手を奪い、追い上げ態勢に入った。「調整で良くなってくれた」。エンジンが後押しをして、中盤に金子を突破すると6周バックで先頭を走る有吉をパスした。「スタートを枠なりに切れたのが大きかった。後半までマシンもいい動きをしてくれた」。 19年3月の山陽特別G1プレミアムカップ以来のタイトルを獲得した。「自分でも優勝できると思っていなかった。でも、たまには勝たせてもらいますよ」。うれしそうな表情を見せた。浜松は11月3~7日のSG日本選手権にも出場する。「メンバーもそろうし、いつも通り気楽にいきます」と語った。

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター

お問合せ

03-6421-7401

福岡地区

0948-21-2345

山口地区

0836-35-2424

受付時間

受付9:30 ~ 最終レースまで