上和田拓海が地元でグレード戦初優出目指す/川口

川口

準々決勝戦B7Rで2着の上和田拓海(撮影・柴田隆二)

上和田拓海(25=川口)が一戦ごとに着順をアップして上昇機運に乗ってきた。準々決勝B7Rは2周3角で先頭に立ち、5周1角で早川清太郎にさばかれたが2着ゴールした。「抜く足がないのでスタートに懸けた。エンジンは良くないので、整備を考える」。19年から3年連続優勝して着実にスキルアップ中。グレード戦初優出を目指す地元34期は、準決勝戦12Rで成長力を見せつける。

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター

お問合せ

03-6421-7401

福岡地区

0948-21-2345

山口地区

0836-35-2424

受付時間

受付9:30 ~ 最終レースまで