公式ネット投票新規入会はこちら
【重要】新型コロナウイルス感染拡大防止に関わるオートレースの取り組み(まとめ)

開場56周年記念 スポニチ杯 GI 第2回 令和グランドチャンピオンカップ 展望

山陽

catch.jpg

「令和」に名前が変わってから2度目となるG1令和グランドチャンピオンカップが、14日から18日まで、山口・山陽オートで行われる。地元勢は前回覇者・長田恭徳や、佐々木啓をはじめ主力勢がそろった。遠征勢も青山周平、鈴木圭一郎などランク上位選手が登場し、ハイレベルの攻防を展開する。

前回覇者の長田恭徳が勢いを見せる
地元の強豪を中心に、強力なメンバーがそろった。その中で、勢いを見せたいのが長田恭徳だ。前回大会を優勝し、地元でG1初制覇を果たした。優勝戦では、強力に加速して一気に先頭を奪い、そのまま後続を振り切った。令和の第1回目にふさわしい、スピード感あふれる若々しいレースぶりだった。今年も浜松のSG全日本選抜でしっかり白星を挙げるなど、調整が合えば軽やかに突っ走る。

地元勢、遠征勢ともに豪華メンバー出揃う
他の地元勢では、佐々木啓や松尾啓史、丸山智史、藤岡一樹、丹村飛竜、西村龍太郎、角南一如と中心メンバーが地元タイトル奪取に挑む。
遠征勢も豪華なメンバーが登場する。ランクS1の青山周平は、3月飯塚の特別G1プレミアムカップを優勝。初日の2着以外は全て勝利と圧倒的な走りだった。鈴木圭一郎は今年に入って、1月飯塚G1開設記念、2月浜松のSG全日本選抜、3月川口のG1開設記念とほとんどのグレードレースで優出。飯塚の特別G1プレミアムカップは、3走目でフライング(失権)に散ったが、動きは好調だった。
他にも中村雅人、佐藤摩弥、伊藤信夫、木村武之、篠原睦、浦田信輔と優勝を狙える実力者がひしめき、激戦を繰り広げる。

関連リンク

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、
「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。 登録費や年会費などは無くご登録は無料です。お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター
お問合せ 03-6421-7401
福岡地区 0948-21-2345
山口地区 0836-35-2424
受付時間 受付9:30 ~ 最終レースまで
M:ファンクラブ