公式ネット投票新規入会はこちら
【重要】新型コロナウイルス感染拡大防止に関わるオートレースの取り組み(まとめ)

特別GI 共同通信社杯 プレミアムカップ【準決勝戦予想(日刊スポーツ)】をUPしました

飯塚

9R 準決勝戦メンバー

・令和03年03月20日 18:40発走予定
・距離 3,100m 6周戦

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
選手名 丹村 飛竜 東小野正道 佐藤 摩弥 浦田 信輔 伊藤 信夫 佐々木 啓 内山 高秀 穴見 和正
LG 山 陽 飯 塚 川 口 飯 塚 浜 松 山 陽 伊勢崎 山 陽
期別 29期 25期 31期 23期 24期 23期 26期 12期
ハンデ 0 0 0 0 0 0 0 0

※◎=本命、◯=対抗、▲=単穴、☆=連下、△=連穴

日刊スポーツ展開予想

伊藤が中心となる。今節は3戦2勝での勝ち上がり。特に、3日目最終予選A8Rは上がり3秒365の好タイムで快勝と、動きは軽快だ。0メートルオープン5枠なら、伊藤のスタート力をもってすれば、序盤で好位奪取は容易。そこから快速を発揮して、一気に首位へと突き抜ける。
次位は接戦。その筆頭は佐々木。今節は初日から安定して試走から好気配。特に、初日11Rは上がり3秒339で先行する青山周平を差し切った強力な動きを見せただけに、スタートを互角で出れば逆転まである。
今節、唯一の女子レーサー佐藤も怖い存在。3枠からトップスタート有力だけに、後続を巧みに抑える逃げで押し切りを図る。
最内枠の丹村もスタートの早さには定評がある。伊藤や佐藤のスタート攻勢をしのいで、1周1コーナーを先頭で回っていければ逃げ切りもある。混戦なら、地元浦田の鋭いさばきも侮れない。
雨の場合は、豊富な湿走路実績がある丹村が主役となる。佐々木、東小野が肉薄する。

2連単 5=6、5=3、5-1、5-4
3連単 5=6-314、5=3-614、5-1-634

2連単 1=6、1=2、1-3、1-8
3連単 1=6-238、1=2-638、1-3-628

10R 準決勝戦メンバー

・令和03年03月20日 19:14発走予定
・距離 3,100m 6周戦

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
選手名 丸山 智史 西原 智昭 緒方 浩一 中村 雅人 高橋 義弘 佐藤 貴也 高橋  貢 有吉 辰也
LG 山 陽 伊勢崎 山 陽 川 口 川 口 浜 松 伊勢崎 飯 塚
期別 31期 28期 30期 28期 29期 29期 22期 25期
ハンデ 0 0 0 0 0 0 0 0

※◎=本命、◯=対抗、▲=単穴、☆=連下、△=連穴

日刊スポーツ展開予想

徐々に気配が上向いてきた中村を軸に狙う。3日目最終予選B7Rで今節初勝利。好スタートから上がり3秒368で走破した動きは初日、2日目よりは明らかに良化した。スタートの出やすい0メートルオープン4枠なら、互角の飛び出しでいければ、主導権を握ってそのまま押し切る。
強敵は高橋貢。今節、意外にもここまで5、2、2着と勝ち切れていないが、試走タイムはそこそこ早いものも出ていて、仕上がり自体は悪くない。安定した追い上げで逆転を狙う。
佐藤が怖い。6枠から一気にトップスタートを決めると、後続を抑える走りで逃げ切りまである。
大外枠でも近況好調な有吉は、地元の特別G1戦で気合の好スタートから浮上する。押さえは、得意の逃げ展開に持ち込んだ際の西原だ。
雨の場合は、高橋貢の湿走路実績が圧倒しており中心。佐藤、有吉といったスタート巧者が粘る。中村や緒方も湿走路は苦にしないだけに、展開次第で浮上する。

2連単 4=7、4=6、4-8、4-2
3連単 4=7-682、4=6-782、4-8-762

2連単 7=6、7=8、7-4、7-3
3連単 7=6-843、7=8-643、7-4-683

11R 準決勝戦メンバー

・令和03年03月20日 19:49発走予定
・距離 3,100m 6周戦

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
選手名 松本やすし 木村 武之 田中  茂 桝崎 陽介 若井 友和 松尾 啓史 長田 恭徳 青山 周平
LG 伊勢崎 浜 松 飯 塚 飯 塚 川 口 山 陽 山 陽 伊勢崎
期別 32期 26期 26期 28期 25期 26期 32期 31期
ハンデ 0 0 0 0 0 0 0 0

※◎=本命、◯=対抗、▲=単穴、☆=連下、△=連穴

日刊スポーツ展開予想

3戦2勝、2着1回と安定した走りの青山が軸。3日目ダイヤモンドレーサー12Rは、鈴木圭一郎のフライングがあったが、青山はトップスタートから鈴木圭を最後まで抑え切った。あの動きをキープしていれば、大外枠でも持ち味の速攻力を駆使して、早めに主導権を握る。
相手筆頭は木村。今節はここまで3、2、3着と勝ち星こそないが、エンジン状態はかなり高いレベルで安定している。2枠ならトップスタートも十分可能で車速を生かして逆転へ。 3日目最終予選A10Rを快勝した若井も侮れない。スタートも近況切れているだけに、速攻で粘り込みを図る。
穴なら松本。3日目10Rは試走で3秒27も出て、かなりの動きの良さだった。加えて近況のスタートは安定して早い。1枠を生かして逃げ展開に持ち込めば、侮れない。押さえは混戦になった際の田中。
雨の場合も、青山の中心は動かない。湿走路でも安定してスピードを発揮しているだけに、抜け出して期待に応えるとみた。若井、木村、田中、桝崎で次位争い。

2連単 8=2、8=5、8-1、8-3
3連単 8=2-513、8=5-213、8-1-253

2連単 8=5、8=2、8-3、8-4
3連単 8=5-234、8=2-534、8-3-524

12R 準決勝戦メンバー

・令和03年03月20日 20:25発走予定
・距離 3,100m 6周戦

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
選手名 角南 一如 荒尾  聡 岩崎 亮一 佐藤 裕二 金子 大輔 山田 達也 岩科 鮮太 早川清太郎
LG 山 陽 飯 塚 山 陽 川 口 浜 松 川 口 浜 松 伊勢崎
期別 27期 27期 25期 24期 29期 28期 29期 29期
ハンデ 0 0 0 0 0 0 0 0

※◎=本命、◯=対抗、▲=単穴、☆=連下、△=連穴

日刊スポーツ展開予想

荒尾が本命だ。ここまで3、1、4着と予選では1勝だけだが、動き自体が悪くない。展開面など不利な要素も多分にあった。今度は0メートルオープン2枠なら、かなりの確率でトップスタートで出ていきそう。主導権を握れば、一気にペースを上げてそのまま逃げ切りだ。地元の特別G1戦でもあり、気合の走りで首位を狙う。
次位は接戦だが、その筆頭は金子。3日目最終予選A11Rはトップスタートでの逃げ切り。今節は2、3、1着の着順が示す通りに、動きは安定している。巧みにさばいて浮上を図る。
早川も侮れない。大外枠だけに、序盤の展開が鍵だが、鋭いさばきで台頭する。
ペースの上がらない混戦だと、山田の追い上げが怖い。岩崎もここまで未勝利ながら、試走タイムはかなり早いものが出ていて、エンジンの仕上がりは悪くなさそう。スタート次第では上位に食い込むチャンスはある。
雨でも本命は荒尾。オート界屈指の湿走路巧者でもあり、好スタートから独走逃げ展開で押し切る。相手は金子、山田、岩崎、角南の順。

2連単 2=5、2=8、2-6、2-3
3連単 2=5-863、2=8-563、2-6-583

2連単 2=5、2=6、2-3、2-1
3連単 2=5-631、2=6-531、2-3-561

関連リンク

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、
「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。 登録費や年会費などは無くご登録は無料です。お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター
お問合せ 03-6421-7401
福岡地区 0948-21-2345
山口地区 0836-35-2424
受付時間 受付9:30 ~ 最終レースまで
M:ファンクラブ