黒川京介が準決勝戦でS1青山周平に挑む/川口

川口

地元ホープの黒川京介がタイヤを換えて優出を決める(撮影・中野公博)

地元のホープ黒川京介(22=川口)が、優勝した19年山陽スピード王決定戦以来のG1優出を狙う。準々決勝8Rは初乗りのタイヤで臨んだが「ドドド(不整振動)と滑りがあった。回れば回るほどきつかった」とタイヤの失敗が全てで7着に沈んだ。
2月の浜松SGでは準決勝戦で痛恨のフライング。ただ、それさえなければと思わせる内容だった。出来の良さは今シリーズも継続。「エンジンのベースはいい。タイヤを初日のか、浜松で1着取ったものに換える」。準決勝戦12Rで、S1青山周平に牙をむく。

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター

お問合せ

03-6421-7401

福岡地区

0948-21-2345

山口地区

0836-35-2424

受付時間

受付9:30 ~ 最終レースまで