公式ネット投票新規入会はこちら
【重要】新型コロナウイルス感染拡大防止に関わるオートレースの取り組み(まとめ)

【日刊提供】青山周平が執念の大会連覇飾った/川口

川口

賞金ボードを掲げる青山周平(撮影・柴田隆二)

12Rスーパースター王座決定戦は、青山周平(36=伊勢崎)がトップスタートからそのまま10周回を逃げ切り、優勝賞金3000万円を獲得した。2着は鈴木圭一郎、3着に荒尾聡が食い込んだ。 「負けたくない!」 青山周平が、強靱(きょうじん)な気持ちで大会連覇をもぎ取った。驚くべき粘り腰だった。青山の真骨頂と言えるトップスタートを切って、後続を抑えに出た。すぐに宿敵・鈴木圭一郎がまくりで迫る。内からは荒尾聡がチャンスをうかがった。絶対にミスできない状況を、気力で押し切った。 「自分のアクセルグリップで突っ込むと跳ねる。スタートを切ったら締めるしかないと思いました。スタートに集中して行ければ、抜かれたらしょうがない、と。もう、プチパニックですよ(笑い)」。跳ねるマシンを何とか持たせて逃げ切った。ただ、反省も忘れない。「抜かれたくない気持ちだけで、荒々しいレースになったのが、申し訳ない」と頭を下げた。 「最後は(鈴木圭一郎選手に)差されるかと思ったら差されなかった。うれしいけど...。今までの中で一番必死だった」。劣勢のマシンを気持ちが支えた。 20年は自己ベストの年間13度の優勝。「年初から調子が良くて。(主力勢の10メートル後ろから戦う)スーパーハンデに置かれたりと、それは選手冥利(みょうり)なこと。スーパーハンデで戦えたことが生きている部分もある」。厳しい位置、苦難を乗り越え、20年初のSG制覇を飾った。 これで2年連続賞金王、MVPもほぼ手中に収めた。「ファンの応援のおかげです。2021年も頑張りたい。2020年を超えられる成績を残したい」21年初戦は地元の伊勢崎G1シルクカップ(7日から)。さらに進化する青山が躍動する。

関連リンク

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、
「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。 登録費や年会費などは無くご登録は無料です。お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター
お問合せ 03-6421-7401
福岡地区 0948-21-2345
山口地区 0836-35-2424
受付時間 受付9:30 ~ 最終レースまで
M:ファンクラブ