スタート巧者の鈴木宏和、勝負駆け決める/伊勢崎

伊勢崎

タイヤの跳ねを直した鈴木宏和がスタート力を発揮する(撮影・海老原実)

鈴木宏和(33=浜松)が勝ち上がり条件2人の狭き門を突破した。2次予選C・1Rは20H3車の中から先行して前団を追い、5周3角で先に抜け出した牛沢和彦をさばいた。「フォークのバネを交換してタイヤの跳ねが直った。エンジンは悪くない」。準々決勝B・7Rは準決進出が2人。足周りの不安を解消したオート界屈指のスタート巧者が、再び勝負駆けを決める。

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。
登録費や年会費などは無くご登録は無料です。
お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター

お問合せ

03-6421-7401

福岡地区

0948-21-2345

山口地区

0836-35-2424

受付時間

受付9:30 ~ 最終レースまで