公式ネット投票新規入会はこちら
【重要】新型コロナウイルス感染拡大防止に関わるオートレースの取り組み(まとめ)

オッズパーク杯 SG第24回 オートレースグランプリ【優勝戦予想(日刊スポーツ)】をUPしました

伊勢崎

12R 優勝戦メンバー

・令和02年08月15日 20:40発走予定
・距離 5,100m 10周戦

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
選手名 内山 高秀 有吉 辰也 金子 大輔 佐藤 貴也 伊藤 信夫 高橋  貢 永井 大介 青山 周平
LG 伊勢崎 飯 塚 浜 松 浜 松 浜 松 伊勢崎 川 口 伊勢崎
期別 26期 25期 29期 29期 24期 22期 25期 31期
ハンデ 0 0 0 0 0 0 0 10

※◎=本命、◯=対抗、▲=単穴、☆=連下、△=連穴

日刊スポーツ展開予想

今節、主力勢の10メートル後ろから戦うスーパーハンデに置かれた青山が勝ち上がったことで、最近のSGにしては珍しく0、10メートルのハンデ戦で優勝戦が行われる。 0ハン7車の中でエンジンの仕上がりがいい永井を本命に推す。調整を施してエンジン状態は今節中盤から急上昇。3日目、4日目と1番時計できっちり勝ち切った。特に、準決9Rは試走3秒31、上がりも3秒400と、走路温度が高い中で、タイムもしっかり出た。 得意のスタート一気で0ハン勢の中から主導権を奪えば、後続の混戦を尻目に大逃げ展開へと持ち込む。10周回を押し切り、大会4度目、通算16度目のSG制覇を飾るとみた。 相手筆頭は青山。18、19年大会覇者で3連覇がかかるが、今節はスーパーハンデに苦しみ、4日目準決12Rでようやく、今節の初勝利を飾った。ただ、試走タイムは他を圧倒する形で出ており、速攻一気で0ハン勢を序盤で何人か、かわす展開にさえ持ち込めれば、97年スーパースター王座決定戦の片平巧以来となる、およそ23年半ぶりのスーパーハンデでのSG制覇も夢ではない。 佐藤が3番手評価。持ち味の強烈なスタート力で永井を制して先手を奪うようだと、後続を混戦に持ち込んで、ペース駆けで粘り込むシーンもある。 近況好調な伊藤も快速発揮する展開だと、上位食い込みもある。今節はなかなかエンジン気配が上向かない高橋だが、ポテンシャルの高さとテクニックで上位進出を図る。

2連単 7=8、7=4、7-5、7-6
3連単 7=8-456、7=4-856、7-5-846

2連単 6=4、6-8、6-2、6-3
3連単 6=4-823、6-8-423、6-2-483

関連リンク

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、
「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。 登録費や年会費などは無くご登録は無料です。お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター
お問合せ 03-6421-7401
福岡地区 0948-21-2345
山口地区 0836-35-2424
受付時間 受付9:30 ~ 最終レースまで
M:ファンクラブ