公式ネット投票新規入会はこちら
【重要】新型コロナウイルス感染拡大防止に関わるオートレースの取り組み(まとめ)

朝陽カントリークラブpresents 小林啓二杯 GII 第4回 山陽王座防衛戦 展望

山陽

catch.jpg

「G2山陽王座防衛戦・小林啓二杯」が、7月8-12日まで行われる。今節も地元山陽と飯塚の2支部の強豪が中心のメンバー構成となる。好調ぶりが際立つ荒尾聡に、安定感ある佐々木啓とそれぞれ支部の代表格がぶつかり合う。また山陽前回のG1を制した長田恭徳も、軽快な走りを見せる。

悲願のG1初制覇を達成した長田恭徳の走りに期待
山陽は6月G1令和グランドチャンピオンの興奮が冷めないまま、小林啓二杯が開幕する。前回の優勝戦メンバーのほとんどが参戦と、G2ながら記念レベルの強豪ばかりがそろった。 長田恭徳は前回の山陽で悲願のG1初制覇を達成。オート界を代表する強豪相手に実力を示した。その後の飯塚でも、初日に強烈な追い込みで2着を確保するなど、変わらず力強い走りを披露している。「G1を取ってお客さんに変なレースは見せられないです。あいつ調子に乗ってるって言われますし(笑)。最後まで諦めないレーサーだって思ってもらえたら」。気合も十分で、今シリーズも意地の走りに期待する。

荒尾聡や佐々木啓など実績あるメンバーがそろい激戦は必至
当然、実績を誇るレーサーも黙ってはいない。前回の優出メンバーのひとり、荒尾聡はその後の飯塚でも優勝。変わらずほぼ優出を外さない圧倒的な活躍ぶり。素早いレース運びで優勝を狙う。地元の代表格、佐々木啓は前回3勝、2着1回とハイペースで優出。地元では特に強さが光る。 その他にも、丹村飛竜、松尾啓史、岩崎亮一、浜野淳、浦田信輔、篠原睦、有吉辰也、久門徹と優勝を狙えるメンバーがそろい、激戦が繰り広げられる。

関連リンク

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、
「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。 登録費や年会費などは無くご登録は無料です。お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター
お問合せ 03-6421-7401
福岡地区 0948-21-2345
山口地区 0836-35-2424
受付時間 受付9:30 ~ 最終レースまで
M:ファンクラブ