公式ネット投票新規入会はこちら
【重要】新型コロナウイルス感染拡大防止に関わるオートレースの取り組み(まとめ)

スポーツニッポン新聞社杯 GII 川口記念 展望

川口

catch.jpg

24日、川口オートレース場でナイターG2川口記念が開幕する。地元勢はSG全冠制覇の永井大介と中村雅人や昨年覇者・鈴木清ら強力な布陣で迎え撃つ。外来は勢い抜群のS1青山周平ら精鋭がそろった。接地感のある高速走路で激戦が繰り広げられる。

優勝戦線の主役は、快進撃を続ける青山周平
快進撃を続ける青山周平が中心。昨年のMVPは勢いを加速中だ。今年は15日現在で53戦38勝。勝率68%、連対率81%と決定力と安定感が際立つ。特別G1プレミアムカップ、G2稲妻賞を制しSGオールスター準Vと内容が濃い。昨年から無事故、フライング0を継続中。高いポテンシャルを発揮するマシンを冷静に乗りこなしている。順当に勝ち上がって優勝戦線の主役を務める。

優勝3回と状態の良さが目立つ、地元の佐藤摩弥
地元で状態の良さが目立つのは佐藤摩弥だ。15日現在でG2若獅子杯争奪戦を含む優勝3回。速攻力に磨きをかけて、さばきに進境がみられるのは心強い。追いが利かない熱走路よりもナイターはプラスに働く。グランドスラマー2人は爆発力が影を潜めているのが気掛かり。永井大介は地元グレード戦での強さを生かしたい。中村雅人は優出回数は多いが決定力を欠く。ともに直前の地元2開催でどこまでマシンを仕上げられるかが勝敗の鍵となる。滑り対策が課題の森且行は食い付きが良くなる走路で動き良化が見込める。

浜松の佐藤貴也、金子大輔、伊藤信夫も好勝負
浜松のSG覇者3人が争覇圏内に入る。佐藤貴也、金子大輔、伊藤信夫は直近浜松で優出した。エンジンのベースは悪くないので、川口走路に合わせれば好勝負必至だ。

関連リンク

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、
「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。 登録費や年会費などは無くご登録は無料です。お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター
お問合せ 03-6421-7401
福岡地区 0948-21-2345
山口地区 0836-35-2424
受付時間 受付9:30 ~ 最終レースまで
M:ファンクラブ