公式ネット投票新規入会はこちら
【重要】新型コロナウイルス感染拡大防止に関わるオートレースの取り組み(まとめ)

地元の長田恭徳が会心攻めでG1初優出・初優勝/山陽

山陽

G1初優出・初優勝を決めた長田恭徳(撮影・木村重成)

長田恭徳(25=山陽)が1周回3コーナーで逃げる青木隆浩を差して抜け出し優勝。初G1優出で初のG1制覇を成し遂げた。2着は有吉辰也、3着に荒尾聡が入った。
走り慣れた地元の山陽走路で、大仕事をやってのけた。「(G1初優出初Vは)できると思ってなかったから、びっくりです。優勝も1回(15年9月、川口)しかしてないし、優勝戦に乗ってもなかなかいい着に入れないし。1周3角先頭? すぐ、うまいこと入れた」。速攻一気で先頭に立ったが、タイトル奪取へはまだ7周回、残っていた。
「そこからは無心でした。無心で走って、あと何周だろうと(周回板を)みたら、「3」と書いてあった。あと3周かぁって。いつも、自分はスタートあまり早い方じゃないんで、最後の6周回で2、3着のレースが多い。なので、あと3周もあると思うと。逃げているのではなく、追っているつもりで走ろうと思ったから、もう後ろはあまり意識してなかった。思い切って突っ込んで、あとは滑らせないように立ち上がって、その繰り返しだと思って」。基本をしっかり繰り返す無心の走りで、タイトルを自らに引き寄せた。
デビューして7年。32期では鈴木圭一郎、吉原恭佑に次いで3人目のG1制覇。「G1は取りましたが、圭一郎とかすごいんで、たまたまですよね。たまたまと言われないように頑張りたい」と気合を見せた。
「次の目標はS級? そうですね。今までは自分がグレードレースを取れるとも思ってなかった。まあエンジン、タイヤをしっかりすれば、優勝もできるんだなって少しの自信だけど、そういうのができた、もうちょっと意識を高くもって、記念レースをいっぱい取りたい」。G1だけじゃなくて、タイトル獲得を意識する。
「レベルアップしたいところは全部ですね。地元G1は取れてうれしいですね。まだ自分は川口で2級車時代に1回優勝しただけ。地元のVも初で、地元で勝てたのはうれしい。ただ1つだけ残念なのは、地元のお客さんの前でウイニングランしたかった。でも、まあテレビの前で見ていてくれたらうれしいなって。まあ、山陽の先輩の皆さんがたくさんいらっしゃるんですけど、そういう人々に負けないように。若さと勢いで、長田恭徳もいるぞっと。いろんな人々にアピールできたらいいな、と思います」。謙虚に、次のステージで活躍する自分をイメージしていた。

関連リンク

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、
「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。 登録費や年会費などは無くご登録は無料です。お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター
お問合せ 03-6421-7401
福岡地区 0948-21-2345
山口地区 0836-35-2424
受付時間 受付9:30 ~ 最終レースまで
M:ファンクラブ