SGレース インフォメーション

SG RACE INFORMATION

  第27回オールスターオートレース 12R優勝戦メンバー

第27回オールスターオートレース・12R優勝戦メンバー

・発走予定時刻  16:35
・距 離        5,100m(10周)
    ×   内外
タイムス
渡辺記者
×      
    ×   日刊 スポーツ
西部
大野記者
    ×  
枠番
田中 茂 高橋 貢 片平 巧 荒尾 聡 浦田信輔 有吉辰也 伊藤信夫 池田政和 選手名
飯塚
26期
伊勢崎
22期
船橋
19期
飯塚
27期
飯塚
23期
飯塚
25期
浜松
24期
船橋
23期
LG
期別
0 0 0 0 0 0 0 0 ハンデ
⑦3.44
③3.42
③3.45
①3.40
②3.40
①3.40
①3.40
①3.38
④3.40
①3.40
①3.44
①3.40
⑥3.42
①3.40
④3.45
②3.38
⑤3.41
①3.39
②3.42
②3.40
④3.46
①3.39
①3.40
①3.37
③3.46
④3.43
①3.42
②3.40
③3.40
他 落
①3.42
②3.39
今回成績
3.33
3.33
3.31
3.31
3.34
3.27
3.33
3.33
3.32
3.31
3.33
3.32
3.34
3.33
3.34
3.34
3.32
3.30
3.33
3.31
3.37
3.31
3.31
3.32
3.35
3.30
3.35
3.32
3.32
3.28
3.33
3.31
試走
タイム
0.10
0.15
0.09
0.09
0.23
0.26
0.20
0.10
0.28
0.21
0.32
0.08
0.22
0.14
0.16
0.03
0.23
0.17
0.15
0.11
0.14
0.09
0.23
0.10
0.21
0.13
0.12
0.09
0.15
0.13
0.20
0.11
スタート
タイミング
12/3 32/14 39/15 10/1 21/5 9/0 24/4 31/8 SG歴
優出/V

※◎=本命、◯=対抗、×=次位、▲=注意、△=穴

内外タイムス・渡辺記者展開予想

 マシンの完成度で勝る有吉に期待した。準決1番の激戦区といわれた10Rをあっさり抜け出し快勝。上がり3秒366は今節の一番時計で、SG7連続優出を決めた。枠番抽選でも、1番くじを引き当て、絶好の3号車をゲット。「ここまでは思惑通りに来た。もう何も考えずに行く」。Sで好位置をキープできればパワーの違いで抜け出せるはず。悲願のSG初制覇へ機は熟した。
  強敵は王者・高橋だ。連日、危なげないレースぶりで準決12Rも圧勝。「全日選に比べると80%の仕上がり」と語るが、ここ一番での勝負強さはピカイチで、SG連覇も十分だ。
  準決しのいだ伊藤、荒尾は大幅なパーツ交換に出ており、変わり次第で、どちらか先手を奪った方にチャンスはある。

出目 晴→ 2連単 3=7 3―5 3―2
雨→ 2連単 7=5 7―8 7―3
          3-4         7-2
    3連単 3=7-5 3=7-2 3=7-4   3連単 7=5-8 7=5-3 7=5-2

■日刊スポーツ西部・大野記者展開予想

 SG7連続優出を果たした有吉辰也がSG初優勝のチャンス。車は準決勝で今大会1番時計3.366をマーク。枠番指名もいの1番で理想の3枠を射止めた。
好意に付けてさばく公算は大。相手はSG連覇を狙う王者・高橋貢だ。こちらも機力は十分。シリーズ連覇がかかる荒尾聡のドカーン、浦田信輔のさばき、池田政和のイン速攻も侮れない。

出目 晴→ 2連単 3=7 3―5 3―4 雨→ 2連単 7=5 7-3 7-2
          3-1         7-8
    3連単 3=7=5 3=7=4 3=7=1   3連単 7=5=3 7=5=2 7=5=8

選手コメント
1号車 池田政和 パワー不足で3周目以降タイヤが滑りだして追えなくなった。今日の走りで整備の方向性が分かったことは収穫。これからヘッドまわりの調整を考えている。スタートはいい感じだったが、今日の8枠は遠かった。2日目の落車で腰回りに少し不安はあるが慣れるだろう。
2号車 伊藤信夫 伸びがまったくなく、外を使えば滑るので小さく走るしかなかった。今日の勝因はスタート。スタート切れているがエンジンを戦えるようにしたいので、これからクランク・クランクケースを新品に交換する。地元開催のSGなのでもちろん意識はするが、優出に満足することなくさらに盛り上げるためにも明日頑張ります。
3号車 有吉辰也 昨日と変わらない動きでエンジン的には今節の中では仕上がっていると思う。ちょっと気になったことをやったらいい方向に行った。気候を見ながら調整するが、大きな整備はしない。ただタイヤがちょっと低いのが気になる。スタートも以前に比べるといい位置を確保できるようになった。
4号車 浦田信輔

レースの感触としては、エンジン的にまだ上積みありそう。道中でタイヤを使ったせいか滑りがひどい。決して悪い状態ではないが、自分の中では85点ぐらい。ひとつ上のエンジンにするためにこれから調整したい。今日はスタートは切れたが、明日はドーンと先に行きたい。

5号車 荒尾 聡

スタートは朝練習からタイミングが合っていたが、タイヤが滑り、乗りにくい。昨日、ピストン交換、ヘッド廻りを扱ったが、あまり変わり映えしない。これから下回りの整備を考えているが、ロッドも交換するかどうか検討中。上積みして納得したエンジンに仕上げて明日頑張る。

6号車 片平 巧

東小野君の後ろに付けて多少余裕があったが、タイヤをすべらせないように仕掛けた。思うようなレースができたと思う。スタートは切れたが、タイミングが見えてない。タイヤの滑りが気になるが、だいたいエンジンはいい。これからタイヤの滑り対策を考えたい。

7号車 高橋 貢

レース自体は悪くはないが、試走が良くなかった。動きがすっきりしないしトルクがないので、8割くらいの出来だと思う。スタートはあの程度。上積みして、明日はファン投票1位の期待に応えられるよう頑張ります。

8号車 田中 茂

今日8番手からの追えたことからもエンジンはいいと思う。伸びは良いが、手前がちょっと弱い感じがする。スタートに関しては今節切れていないので練習する。これからヘッド廻りの調整を行いたいが、明日はスタートが課題。

ページTOPへ