車券購入方法
車券の種類open
単勝式 1着の選手を当てる車券
複勝式 予想した選手が3着以内に入着すれば当たりとなる車券 (7車以下の時は2着まで)
連勝単式
(連単)
1着と2着の選手の車(枠)番号を、順位どおり当てる車券(56通り)
連勝複式
(連複)
1着と2着の選手の車(枠)番号を、順位に関らず当てる車券(28通り)
三連勝単式
(三連単)
1着と2着、3着の選手の車(枠)番号を順番どおりに当てる車券(336通り)
三連勝複式(三連複) 1着と2着、3着の選手の車(枠)番号を順位に関わらず当てる車券(56通り)
拡大二連勝
複式
(ワイド)
1着~3着内に入着した2車を着順に関わらず当てる車券(28通り)
車番 レースに出場する選手各人の番号 (選手の背中や競走車に表示されている番号のこと)
枠番 図のように8色分けされた枠の番号
車券の購入方法open
車券を購入することを『投票』といい、販売窓口を『投票窓口』という。投票はマークシート式のカードを使用する。このカードは投票窓口に用意されている。車券は1枚100円単位から購入できる。
手軽で便利なオートレース電話投票open
オートレース場に行けない時でも、手近のプッシュホン電話機のボタンを操作して手軽に車券を買うことができる、便利なシステムです。 インターネットやiモードからも車券が買えるようになっておりますので、オートレースモバイルで試走やオッズを確認しながら、またCS放送・テレビ中継・インターネット中継を見ながらなど、自分の生活スタイルに合わせて車券購入を楽しんでみては如何でしょうか?代金や払戻金の精算は、電話投票センターを通じて自動的に会員(加入者)の銀行口座で行います。 なお、本システムは会員制となっておりますので、まずはテレホンセンターで加入の手続きをお願いします。

電話投票に関するお問い合わせは、オートレーステレホンセンターまで
電話:03-5520-1133
車券の払戻方法open
当たった車券には、配当金が支払われる。これを『払い戻し』という。 払い戻しの金額は、レース終了直後に電光掲示板で発表される。払戻は、そのレースが行われたオートレース場、臨時場外車券売場、及び施行者が指定した場所(県庁や市役所など)で行われる。払い戻しの有効期間は60日間だ。
売上金の行方open
1レースの売上総額の70%を払い戻しています。差引いた30%については、選手の賞金、施設の維持費などの開催経費、及び法律で定められた交付金・納付金などが差し引かれ、残りがオートレースを開催した地方自治体の収入となり、学校や道路の建設などに使われている。 また、JKAを通じて、社会福祉や公害の防止などにも役立っています。
推理の方法open
「試走タイム」に隠されたヒント
試走タイムは、その日の競走車と選手のコンディションを知る手掛かりとなる。試走タイムが分かったら、各選手のハンデと照らし合せる。軽ハンデの選手が重ハンデの選手より良い試走タイムを出していたら、その軽ハンデの選手は有力だと考えるのが妥当。

「近況成績チェック」で選手の実力をつかめ
最近どのような成績を残しているのか。そのときの本走・試走タイムは。 とくに試走と本走の差にはチェック。フリーな状態で走る試走タイムより、競り合いながら走る本走タイムが悪くなって当然。速い試走タイムを出しても過信は禁物。晴走路の場合、試走と本走の差は、0.09~0.10というのが基準でしょう。

「スタート力」に気をつけよう
スタートの早い選手は、外枠からでも、いとも簡単にトップに躍り出る。また、特別早い選手は10ハンデあったとしても1コーナーまでに抜き去っていくこともあり、レース展開を一変させる事も。選手のスタート力は、予想紙に◎や△などの印、あるいは「早い」「遅い」などと表されているので参考にしよう。

「天気」がレースの流れを変える
雨天の場合、選手にとって得手不得手がはっきりと出るため、試走タイムはもちろん、実績等を考慮する必要がある。なお、予想紙も別枠で雨走路の予想及び、データを載せているので、これも参考にしよう。