永井大介、賞金王とMVPへ「タイヤを信頼」

日刊スポーツ 2015.12.30 21:30

新王者・永井大介(38=船橋)は、1着条件の3日目12Rで金子大輔とのマッチレースを制した。
王座決定戦は3年連続1億円超えの賞金王とMVPが懸かる。また、史上初のトリプルグランドスラムに王手がかかる大一番だ。
「ファンに自分の気持ちが伝わるレースをして結果が伴えばいい。3日目に使って滑らなかったのでタイヤを信頼する」。
SG日本選手権で優勝した実績抜群のタイヤが10周回を後押しする。

<写真>
王座決定戦に向け、気合を入れる永井大介(撮影・神戸崇利)

日刊スポーツ 特集

SPECIAL CONTENTS





メニュー

MENU


インフォメーション

RACE INFORMATION


過去のSGレース特集

BACK NUMBER


▲上部へ戻る