永井大介が14回目のSG制覇王手

準決2位で優出を決めた永井大介は笑顔でファン応援ステージに向かう

 新王者・永井大介(38=船橋)が、8年連続14回目のSG優勝に王手をかけた。
 湿走路の準決9Rは早めに外を見切り、内にコースを切り替えて2着を確保した。「試走は外が利いたけど、レースは1周して外が利かなかった。晴れの状態は悪くない。レースで使ったタイヤに換える」。天気が回復する優勝戦はスピード決着が濃厚だ。スタートで得意のカマシをさく裂させて主導権を握る。

【写真】
準決2位で優出を決めた永井大介は笑顔でファン応援ステージに向かう(撮影・柴田隆二)



日刊スポーツ 特集

SPECIAL CONTENTS
  • 日刊 PDF新聞
  • 日刊 直前予想





メニュー

MENU


レース情報

RACE INFORMATION


過去のSGレース特集

BACK NUMBER


▲上部へ戻る