若井友和が執念で2着死守

準決勝2位で優出を決めた若井友和はガッツポーズする

 地元の若井友和(41)が執念の走りを見せて優出した。
 準決10Rは2周回に2番手に進出したが、逃げた田村には離された。4周回から金子大輔が若井の背後にとりついて再三仕掛けてきた。若井はコースを守って内に入れさせない。最後まで金子の攻めをしのいで2着を確保した。「ただインコースを走っていても抜かれる。ミッキー(篠崎実)さんになりきって、いつもより小さく走った」。

【写真】
準決勝2位で優出を決めた若井友和はガッツポーズする(撮影・柴田隆二)



日刊スポーツ 特集

SPECIAL CONTENTS
  • 日刊 PDF新聞
  • 日刊 直前予想





メニュー

MENU


レース情報

RACE INFORMATION


過去のSGレース特集

BACK NUMBER


▲上部へ戻る