「選手募集」何でもQ&A

何歳から受験できますか?

平成23年12月8日現在で「満16歳以上」の方が受験可能です。

女性でも受験できますか?

性別は問いません。
現在2名の女性レーサーが活躍中です。女性の方もどしどし応募ください!

身長、体重の制限はありますか?

体重60㎏以下の方(特例応募の方は65㎏以下)が受験可能です。
身長制限はありません。

学科試験はありますか?

学科試験はありません。試験内容は以下になります。
・1次試験 
 適性検査(性格・心理・運動機能)
・2次試験(1次試験合格の方)
 ①面接
 ②身体精密検査
 ③体力検査
 ④技能検査
 ⑤人格・素行検査

「特例応募」って何ですか?

バイクやスポーツ競技で優秀な成績を収めた方には応募資格の特例が出て、
試験が一部免除になる制度です。⇒詳しくはコチラをご覧下さい

バイクの免許は必要ですか?

原付以上の運転免許証をお持ちであれば問題ありません。

倍率はどのくらいですか?

前回31期生は募集人数20人に対し、応募者1,057人で倍率は「52.9倍」でした。

選手養成所とはどのような所ですか?

東に名山筑波が見守り、西に大河大利根が流れる茨城県下妻市に「オートレース選手養成所」があります。候補生一人一人に愛車が貸与され、走行訓練や整備訓練を行います。

選手養成所の教育内容はどのようなものですか?

・学科部門
 ①オートレースの概要、小型自動車競走法並びに関係諸法規
 ②競走用2輪車工学
 ③競走ルール及びレースに関する事項
 ④自動車工学その他選手として必要な事項
・教養部門
 ①一般社会常識及び選手心得
 ②精神修養
 ③メンタルトレーニング
・実科部門
 ①競走車の操縦実技(基本操縦、応用操縦、模擬レース)
 ②競走車の整備実技(競走車の特性及び構造、整備並びに修理の要領)
・その他
 ①オートレースの見学、体育実技、武道(空手)
 ※選手候補生としての適性を欠く場合には退所処分になる場合があります。

選手養成所を卒業すればレーサーになれますか?

所定の教育課程の修了認定を受けた候補生について、速やかに選手資格検定を実施し、その合格者を選手として登録します。

選手養成所の費用はいくらかかりますか?

・養成期間中の食費等諸経費の一部として100万円を負担していただきます。
・納付方法については一括または一部分割となり、一部分割の場合は選手登録後も納付できることになっています。
・訓練用練習車、乗車服、燃料、教科書、制服等などは選手養成所の負担となります。

選手養成所の候補生は外泊、外出はできますか?

基本的に養成期間中は外泊、外出は禁止されています。

COPYRIGHT(C) JKA. ALL RIGHTS RESERVED.