GIレース インフォメーション

GI RACE INFORMATION

特別GⅠ共同通信社杯プレミアムカップ 準決勝戦予想(日刊スポーツ 天野記者)

9R 準決勝戦メンバー

・平成29年3月21日 14:41発走予定
・距離 3,100m 6周戦
      日刊
スポーツ
天野記者
     
8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
青山 周平 岩崎 亮一 篠原  睦 山田 達也 滝下 隼平 落合  淳 池田 政和 木村 武之 選手名
伊勢崎 山陽 飯塚 川口 飯塚 伊勢崎 川口 浜松 LG
31期 25期 26期 28期 28期 29期 23期 26期 期別
0 0 0 0 0 0 0 0 ハンデ

※◎=本命、◯=対抗、▲=単穴、☆=連下、△=連穴

◆日刊スポーツ 天野記者展開予想

木村武之が好気配だ。初日に好タイムをたたき出し、2日目も快勝と車は仕上がっている。雨の3日目は3着だが、十分に巻き返せる。1枠からスタートに集中し、後続を抑え込む。
 池田政和が肉薄する。徐々に機力は上がってきており、3日目は好内容で1着をもぎ取った。木村を懸命に追う。篠原睦に穴気配。初日こそ4着に敗れたが、晴れの2日目、雨の3日目を連勝と勢いに乗っている。実績上位の青山周平は、本調子を欠くとみて、押さえの評価。
 午前中の雨が残り、走路状態は微妙。湿走路なら山田達也を狙う。

フォーカス

2連単 1=2、1=6、1―4
3連単 1―264―2648、26―1―264


2連単 5=7、5=8、5―3
3連単 5―783―7831、78―5―783

 

10R 準決勝戦メンバー

・平成29年3月21日 15:20発走予定
・距離 3,100m 6周戦
      日刊
スポーツ
天野記者
     
8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
荒尾  聡 遠藤  誠 岩田 行雄 新井 恵匠 丹村 飛竜 永井 大介 佐々木 啓 有吉 辰也 選手名
飯塚 浜松 伊勢崎 伊勢崎 山陽 川口 山陽 飯塚 LG
27期 25期 15期 30期 29期 25期 23期 25期 期別
0 0 0 0 0 0 0 0 ハンデ

※◎=本命、◯=対抗、▲=単穴、☆=連下、△=連穴

◆日刊スポーツ 天野記者展開予想

永井大介が中心だ。今節はオール連対と堅実。特に初日の1着は豪快なレースぶりが光った。一時の不調からは脱出し、本来の姿を取り戻してきている。エンジンはもう少しでV可能なレベル。百戦錬磨の実力者が、準決に向け機力をアップさせると読む。
 新井恵匠は1着こそないものの、タイムは良く、しっかりと走れている。永井を追う形で進出し、連に絡む。攻撃力ある荒尾聡も争覇圏内だ。湿走路なら本命視する。
フォーカス

2連単 3=5、3=8、3―1
3連単 3―581―5816、58―3―581


2連単 8=5、8=1、8―3
3連単 8―513―5136、51―8―513

 

11R 準決勝戦メンバー

・平成29年3月21日 16:00発走予定
・距離 3,100m 6周戦
      日刊
スポーツ
天野記者
     
8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
大木  光 松尾 啓史 浦田 信輔 金山 周平 佐藤 貴也 広瀬 勝光 高橋  貢 岩見 貴史 選手名
川口 山陽 飯塚 伊勢崎 浜松 川口 伊勢崎 飯塚 LG
28期 26期 23期 27期 29期 30期 22期 29期 期別
0 0 0 0 0 0 0 0 ハンデ

※◎=本命、◯=対抗、▲=単穴、☆=連下、△=連穴

◆日刊スポーツ 天野記者展開予想

浦田信輔に本命を託す。初日、2日目を鋭いさばきで快勝。雨の3日目は5着に終わったものの、エンジンは前節から好状態を維持している。昨年の骨折休養でレース勘を取り戻すのに時間がかかったが、今は実にそつのないレースを見せている。グレード戦Vが似合う男が、準決は取りこぼせない。
 高橋貢が強敵だ。今節は1着がなく、車の仕上げに苦労している。それでも、2枠からスタートを決めれば、十分に持つレベル。執念の調整で機力上昇も期待できる。佐藤貴也が侮れない。初日、2日目の連勝は、タイムなどの内容も評価できる。
 雨は高橋貢を信頼。佐藤貴也がどこまで迫れるか。

フォーカス

2連単 6=2、6=4、6―7
3連単 6―247―2471、24―6―247


2連単 2=4、2=8、2―1
3連単 2―481―4815、48―2―481

 

12R 準決勝戦メンバー

・平成29年3月21日 16:40発走予定
・距離 3,100m 6周戦
      日刊
スポーツ
天野記者
     
8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
角南 一如 松山 茂靖 若井 友和 鈴木 圭一郎 人見 剛志 吉原 恭佑 久門  徹 早川 清太郎 選手名
山陽 浜松 川口 浜松 山陽 伊勢崎 飯塚 伊勢崎 LG
27期 26期 25期 32期 28期 32期 26期 29期 期別
0 0 0 0 0 0 0 0 ハンデ

※◎=本命、◯=対抗、▲=単穴、☆=連下、△=連穴

◆日刊スポーツ 天野記者展開予想

16年MVPの鈴木圭一郎で単有力だ。今節は初日の1着がもっとも内容が良く、3.332のタイムも驚異的だ。エンジンは調整がバチッと合えば、相当な強さを発揮する。初日より少し下のレベルでも、十分に勝負になる。小学校からポケバイに乗った「バイクの申し子」が、「大好き」と言う整備で、しっかりと仕上げてくる。
 相手探しが焦点。横一線の中、筆頭には早川清太郎を推す。雨の3日目は精彩を欠いたが、エンジンは良好。スタートを張り込んで粘る。2日目を好時計で勝った人見剛志も連対圏内。久門徹も確実に機力を上げている。
 湿走路になると大混戦。若井友和の頭も十分にある。

フォーカス

2連単 5=1、5=4、5―2
3連単 5―142―1428、14―5―142


2連単 6=5、6=3、6―1
3連単 6―531―5318、53―6―531

▲上部へ戻る