オートレース
TOP ハンデの明確化について
  ハンデの明確化について

 番組上のハンデは、「番組編成の要領」により、番組編成員が選手の直近の成績やタイム等を総合的に考えてレースごとに決定していますが、そのため、「上位ランクの選手が軽ハンデや内側に置かれることがあり、お客様にとってハンデが分かりにくいのではないか?」との意見があります。
そこで、「お客様にとって分かりやすいハンデとは?」との観点から番組編成基準(ハンデ)について関係者で検討した結果、平成17年度後期(10月以降)より、選手のランク(S・A・B)が全国競走成績により決定されたことに併せ、選手のランクとハンデを逆転させないことを原則として番組編成を行うことになりましたのでお知らせします。
なお、今後このハンデ決定の方法について検証をおこない、さらにお客様にとって分かりやすい番組編成について検討を続けてまいります。

具体的には
1. 上位ランクの選手は、ハンデを後ろまたは外側に位置付けます。なお、同ランクの選手同士(S1〜96位、A1〜224位、B1〜最下位)はランク順位に関わらず直近成績等によりハンデ付けします。(順位とハンデは逆転することがあります)
2. 長期間の欠場でランクが下位に属している選手及び新人選手のハンデ、SGオートレース等、オープンレースなど原則どおりでないケースもあります。


例1

車番 ランク ハンデ
1 B15 0
2 B10 0
3 B5 10
4 A100 10
5 A50 20
6 A10 30
7 S5 40
8 S1 40

例2

車番 ランク ハンデ
1 B15 0
2 B5 0
3 B10 10
4 A100 10
5 A50 20
6 A10 30
7 S1 40
8 S5 40

 

   
   
同ランク(B)  
 
   
   
   
同ランク(S)