2019年1月23日 飯塚オート G2オーバルチャンピオンカップ整備情報

飯塚

2019年1月23日 飯塚オート「フタバ設計創立30周年記念G2オーバルチャンピオンカップ」1日目の整備情報です。

seibi20190123.pngPDFはこちら

整備情報アンケート回答はこちら

※本整備情報は各開催当日朝に収集した選手の自己申告による整備情報になります。
 本情報公開後の整備情報は含まれませんので、予めご了承の程お願い申し上げます。

※本整備情報は飯塚オートで試行的に公開するデータで、今年度は以下の開催で情報提供予定です。

1/23~27 G2オーバルチャンピオンカップ
3/8~10 ミッドナイトオートレース
3/28~30 ミッドナイトオートレース

部品交換正式名称説明
エンジンOH エンジン オーバーホール エンジンを分解して部品交換や点検、調整、清掃を行うこと。
メタル 下回り(エンジン下部)の接触部に装着される部品。激しい回転運動が行われる部位のため、当たりが悪いとエンジンの回りに大きな影響を及ぼす。
ロッド コンロッド ピストンとクランクシャフトの連結部位。整備では下回りに属する。
クランクケース クランクシャフトを軸受けで支え、包み込むケース。変形すると軸受けがずれてクランクシャフトの回転に影響する。
クランク クランクシャフト ピストンの直線的な上下運動を円運動に変換する部位。エンジンの心臓部と言われている。
ヘッド シリンダーヘッド エンジンの上部。バルブ、カムシャフトというエンジンの燃焼を司る重要な部位があり、それらの土台と言える重要なパーツ。
カム カムシャフト エンジンに送られてきたガスはバルブを通してシリンダー内部に送られる。この時バルブを開ける役目をする部品。
R リング(ピストンリング) ピストンにはめこむ輪状の部品。ピストンとシリンダー間の気密を保持し、スムーズにする役割がある。
C シリンダー エンジンの中間部。燃焼が行われる部位で、中ではその爆発により、ピストンが上下動する。摩擦が生じる部分のため消耗度は大きい。
P ピストン シリンダー内部を上下運動する部品で、ガソリンを圧縮させる役割がある。消耗が激しく定期交換を行う。
PP ピストンピン コンロッドとピストンを繋ぐ部品。
SP バルブスプリング(バネ) カムシャフトによって開放されたバルブをこのスプリングの反発力によって閉じられる。
V バルブ ガソリンを燃焼室へ送る吸気バルブ、燃焼後にガソリンをマフラーへ排気する排気バルブのこと。
G ガイド 吸気・排気バルブのステムを支えて、バルブ姿勢の安定化とバルブの熱をシリンダーヘッド側に逃がす部品
MG マグネット 燃焼のための点火動作を行う部品の総称。
クラッチ板 エンジンの回転をリアタイヤに伝えるクラッチ本体に入るディスクのこと。主にスタートに影響が出る。
フレーム一式 バイク全体の骨組み。「三角」と「上バック・下バック」に分かれる。
フォーク一式 前輪部分の衝撃を吸収する部位の総称。「フォーク本体」「フォーク足」「フォーク先ナット」「フォークスプリングシャフト」に分かれる。
フォークSP スプリングフォーク 前輪部分の衝撃を吸収する部品で、スプリング(バネ)を使用したフォークのこと。
フレーム バイク全体の骨組みのこと。
フォーク オイルフォーク 前輪部分の衝撃を吸収する部品で、オイルによって抑制するフォークのこと。
キャブレター 空気とガソリンの混合気を作り、エンジンの燃焼室に送り出すための部品。
キャブOH キャブレター オーバーホール キャブレターを分解して部品交換や点検、調整、清掃を行うこと。
ミッション トルクの変化をもたらす装置。オートレレースはローとトップの2速。
ミッションOH ミッション オーバーホール ミッションを分解して部品交換や点検、調整、清掃を行うこと。
クラッチ一式 エンジンの回転をリアタイヤに伝える部位およびクラッチ板のこと。
フレーム修正 バイク全体の骨組みである「フレーム」を修正・調整すること。
フォーク修正 前輪部分の衝撃を吸収する部位「フォーク」を修正・調整すること。

engine-cab.png

関連リンク

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、
「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。 登録費や年会費などは無くご登録は無料です。お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター
お問合せ 03-6421-7401
福岡地区 0948-21-2345
山口地区 0836-35-2424
受付時間 受付9:30 ~ 最終レースまで

過去のGII特集