地元の松尾啓史が辛くも準決に進出/山陽

山陽

8Rで3着もタイムで準決進出を決めた松尾啓史(撮影・海老原実)

地元期待の松尾啓史(40=山陽)は辛うじて準決に進出した。準々決勝B8Rは1着と1着を除く1位1人が勝ち上がる狭き門。松尾は3着ながらタイムで2着の辰巳裕樹を上回った。上がり3秒346で優勝した前節浜松の動きにはほど遠い。「まだ合っていなくて全体的にエンジンが足りない。キャブ、バネ、電気で。タイヤは探す」。準決11Rはセット調整でマシンを立て直して勝負駆けを決める。

関連リンク

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、
「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。 登録費や年会費などは無くご登録は無料です。お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター
お問合せ 03-6421-7401
福岡地区 0948-21-2345
山口地区 0836-35-2424
受付時間 受付9:30 ~ 最終レースまで
M:令和キャンペーン

過去のGI特集