特別GIプレミアムカップ 注目選手

山陽

▼青山周平(33=伊勢崎)

一時のスランプから完全に脱した。2017年12月から戦ったグレード戦は、12月伊勢崎シルクカップ(優勝戦2着)、SS王座決定戦(同2着)、2018年1月SG全日本選抜(同7着)、山陽G2若獅子杯(同6着)、2月浜松G1スピード王(同7着)で、すべて優出を決めている。
山陽2月一般戦では、S5番手から2周3角で首位を奪う速攻を決めて今年初優勝を飾った。山陽でのG1優勝は平成チャンピオンで2回あり実績十分。
最近は、ドドドが来ているのは気になるが、車は進んでいる。それでも満足することなく、さらに上積みを狙うのは必至だ。ランク1位に2度輝いた男が異次元の強さを取り戻し、大会初制覇を狙う。

▼鈴木圭一郎(23=浜松)

2017年は5月オールスターで史上初のSG4連続優勝、11月日本選手権では連覇を達成。単勝率59.1%、連勝率84.8%、複勝率89.4%、1着回数78回は、いずれもトップ。文句なしに2年連続のMVPに輝いた。
2018年も圭一郎イヤーを目指し、1月全日本選抜連覇で第1歩を踏み出した。大きな壁にぶつかっても、旺盛なチャレンジ精神で乗り越えている。このところの車には納得しておらず、いいパーツに当たるまで何回でも交換するつもりだ。
山陽は2017年10月山陽スピード王決定戦で一般戦も含めて初優勝。2018年1月若獅子杯はスーパーハンデで戦い、準決3着に敗れた。その借りも返したい。大会初制覇へどんなドラマを見せてくれるか、楽しみはふくらむばかりだ。

▼永井大介(41=川口)

2017年はSG制覇こそなかったが、リズムは良く、車もよく動いて充実した1年だった。G1を3回、G2を1回制し、優勝10回は最多。5月から7月にかけては10連続優出を果たし、1000勝も達成した。9月飯塚の特別G1プレミアムカップでは鈴木圭一郎を逆転し、自身の持つ大会最多優勝記録を更新する、7回目の優勝を飾った。
今年は更なる進化を目指し、グレード戦4大会目となる今月の地元川口グランプリレースでは、2枠からトップスタートを決めて逃げ切り今年のG1初優勝を飾るなど、特別G1プレミアムカップへいい流れを引き寄せている。

▼荒尾聡(36=飯塚)

2017年11~12月の地元戦(優勝)で新品クランクを投入したのが奏功。伸びのある高いレベルの車が仕上がった。大みそかのスーパースター王座決定戦を制し、2007年オールスター以来、2度目のSG優勝を飾った。同レースは、オートレースベストマッチ・オブ・ザ・イヤー2017(お客様が選んだ最も印象に残ったレース)にも輝いた。その勢いで今年1月地元開催のSG全日本選抜でも優出(2着)を果たした。
そのクランクを外して2節走ったが、地元戦の準決、山陽優勝戦(3着)はともに被害を受け、地元連続優出も8でストップした。3月中旬の地元戦でパーツ交換を考えている。山陽ではG1とG2で各2回優勝。地元同様に好走するだけに、車が仕上がればV取りのチャンスだ。

▼松尾啓史(39=山陽)

追い巧者・松尾が絶好調だ。2月浜松G1スピード王決定戦、伊勢崎G2レジェンドカップを立て続けに優勝した。
浜松はスタート6番手から最終周3角で先行する渡辺篤を差し切り、2006年地元スピード王決定戦以来、2度目のG1優勝。伊勢崎は最後方からさばき切って、ゴール寸前で高橋貢をかわしG2初優勝を飾った。G1初制覇も最後方から追って最終周3角で首位を奪っている。追いの巧さは定評がある。
「浜松はシリンダーを換えてセットを変えた。伊勢崎はシルクカップ(2017年12月、伊勢崎)で良かったセットに変えて、準決後に優勝戦に合わせた」。浜松は試走3秒24(過去最速はシルクカップで出した3秒23)、上がりは自己最高時計3秒328をマークした。新ランク(4月から適用)では6度目の山陽NO.1の座に返り咲く。

▼森且行(44=川口)

2017年はグレード戦の優出がなかったが、大みそかのG2格SSシリーズで2014年8月地元戦以来、3年4カ月ぶり通算31回目(G1は2回、G2は3回)の優勝を飾った。
今年はSG全日本選抜、浜松G1スピード王決定戦は、ともに準決7着に敗れたが、3戦目となる2月伊勢崎G2レジェンドカップでは優出(6着)している。レースセンスはもともと抜群。常に人気度は高く、それに応えようとする消耗度はかなり高いが、熱い走りをファンにアピールする気持ちは人一倍だ。今大会も最後まであきらめない走りで魅了する。

▼岡谷美由紀(33=浜松)

粘り強い努力が実を結び、2017年3月川口で初優勝を果たすと8月地元浜松で2度目の優勝を飾り、JKA表彰選手では創設された平尾昌晃賞、日刊スポーツオートレース年間三賞では初代女子特別賞を受賞した。今年2月川口では3度目の優勝するなど成長著しい。
ただし、優勝のハンデ位置は、いずれも最高ハンの20前だった。「今後は(最高ハンの)10前の位置で優勝したい」と、さらなる飛躍を目指す。プレミアムカップは初出場となるが、赤い気炎に注目したい。

特別GI共同通信社杯プレミアムカップ 発売締切及び発走予定時刻表

3月21日(水)~3月23日(金)
レース
発走予定
時刻
電投・場外
締切時刻
1 10:39 10:36
2 11:07 11:04
3 11:36 11:33
4 12:05 12:02
5 12:37 12:34
6 13:09 13:06
7 13:43 13:40
8 14:17 14:14
9 14:53 14:50
10 15:29 15:26
11 16:07 16:04
12 16:45 16:42
3月24日(土)
レース
発走予定
時刻
電投・場外
締切時刻
1 10:39 10:36
2 11:07 11:04
3 11:35 11:32
4 12:03 12:00
5 12:33 12:30
6 13:03 13:00
7 13:35 13:32
8 14:07 14:04
9 14:46 14:43
10 15:25 15:22
11 16:05 16:02
12 16:45 16:42
3月25日(日)
レース
発走予定
時刻
電投・場外
締切時刻
1 10:39 10:36
2 11:07 11:04
3 11:35 11:32
4 12:03 12:00
5 12:36 12:33
6 13:06 13:03
7 13:38 13:35
8 14:11 14:08
9 14:45 14:42
10 15:22 15:19
11 16:02 15:59
12 16:50 16:47

※ 電話投票・場外発売の締切時刻は発走予定時刻の3分前になります。

関連リンク

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、
「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。 登録費や年会費などは無くご登録は無料です。お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター
お問合せ 03-6421-7401
福岡地区 0948-21-2345
山口地区 0836-35-2424
受付時間 受付9:30 ~ 最終レースまで
M:平成30年度 毎月キャッシュバックキャンペーン

過去のSG特集