インフォメーション

INFORMATION

篠﨑 実選手(第9期・川口)が最年長優勝記録を更新しました。

 5月20日(金)川口オート第12R優勝戦において篠﨑実選手が見事1着でゴールし、最年長優勝記録(67歳2ヶ月24日)を更新しました。

 なお、この記録67歳2ヶ月24日は、平成26年2月28日に森園数敏選手(山陽・9期)が記録した63歳10ヶ月5日を3年4ヶ月更新したものです。

 良走路で行われた優勝戦。篠﨑選手は10線アウトコースからのスタート。1周3コーナーで同じく10線からスタートした2号車鈴木辰己選手を抜き去り、3周3コーナーでは先頭を走る1号車深沢 隆選手を捕え先頭に立つ。先頭に立ってからは追走してくる後続車に抜かせないようコースをしっかり押さえ、そのままトップでチェッカーを受け、最年長優勝記録を更新するとともに116回目のVゴールを駆け抜けた。

 【篠﨑 実 選手コメント】
 優勝できると思っていなかったのでうれしい。最年長優勝記録となったが、優勝できたことが素直にうれしい。ウイニングランは最高だった。周りの選手からは出来過ぎだと褒められました。

▲上部へ戻る