インフォメーション

INFORMATION

オートレース罰則の適用内容

主な罰則の適用例についてお知らせ致します。

1.翌日出場出来るが、後日規制される罰則項目

項目 規制日数
★試走中他の選手を落車させた場合 1日
★フライング(SG、GⅠ及びGⅡ優勝戦を除く)
★出残り
★その他異常発走
★妨害行為(妨害の際に他の選手を落車させなかった場合)
★競走戒告を6回出場中2回した場合
★試走戒告を6回出場中2回した場合
★故障に起因する妨害
★故障完走(着順が変化した場合)
★オイル漏れ(他の選手を落車させたり、次のレースの発走を遅らせた場合)
★ゴール後妨害
★オイル漏れ(その競走が不成立になった場合) 2日

2.翌日の出場を規制する項目

項目 規制日数
★後方スタート(優勝戦を除く)
※発走補助ラインに接地せず、かつ、発走合図が完了する前にスタートした場合。
★妨害行為(妨害の際に他の選手を落車させた場合)
★故障(2日間連続の故障)
1日

3.翌日の出場を規制し、さらに後日規制される項目

項目 規制日数
★フライングを9回出場中2回した場合
★妨害行為を6回出場中2回した場合 
翌日及び後日1日
★危険な走法(著しく危険な行為、同一レースにおける複数の妨害行為) 翌日及び後日2日

4.翌日以降も出場規制する項目

項目 規制日数
★SG、GⅠ及びGⅡ優勝戦においてフライングした場合
★普通開催優勝戦において後方スタートした場合
次節
★タイムアップ(3着以内の場合) その節及び次節
★SG、GⅠ及びGⅡ優勝戦において後方スタートした場合 次節及び次々節
★周回誤認 その節、次節及び次々節

5.あっせん停止となる項目

項目 規制日数
★過去6ヵ月間に、妨害行為を6回行った者
★過去6ヵ月間に、フライングを5回行った者
★過去6ヵ月間に、後方スタートを3回行った者
選手あっせん規制委員会において審議決定する。
▲上部へ戻る