インフォメーション

INFORMATION

田代祐一選手の引退セレモニーが行われました。

 

 本年4月6日付けをもって引退した田代祐一選手(15期・伊勢崎)の引退セレモニーが5月11日()に伊勢崎オートレース場にて行なわれました。
 盟友トライアンフ(ナンバーワン)で登場した田代選手は大勢のファンに拍手と歓声で迎えられました。
 田代選手へのインタビューの後、中野光公・全日本オートレース選手会伊勢崎支部長より感謝状とパネルの贈呈が行なわれ、次いで高橋貢選手、千葉泰将選手、亀井政和選手の3名から花束が贈呈されました。
 また、引退セレモニーの前に行なわれたファンとの握手会では、一人一人に言葉をかけながら約500人のファンと握手をしました。
 途中、感謝の涙を流す場面もあり田代選手らしい熱い引退セレモニーとなりました。

 

■田代祐一選手コメント
 ファンの皆様には、自分のわがままで辞めてしまって申し訳ない気持ちです。
 一時期ファンに応援してもらっているのになかなか勝てない時期があってつらかった。でも、自分は今まで一生懸命走ってきました。
 自分は父もオートレースの選手だったので、生まれた時から55年オートレースの賞金で育ってきました。ここまで走らせてくれて本当にありがとうございます。
 こういう機会を作ってくれた関係者に感謝しています。また、永遠のライバル岩田行雄選手に感謝しています。
 これからは違った角度からオートレースを応援していきます。皆さんこういうユニークな選手がいたことを忘れないで下さい。
 あまり上手いことは言えませんが、最後に一言言わせてください、「俺が田代だ!」

▲上部へ戻る