試走偏差について

項目の説明
試走偏差:

試走偏差とは、良走路10走(近90日以内)の
平均試走タイムと平均競走タイムの差です。


例1)平均試走タイム 3.40

平均競走タイム 3.475
――――――――――
偏差 +075
(小数点第1位起算)



例2)偏差が+075、試走タイムが3.35の場合・・・

想定される競走タイムは、
3.35(3.350)+075(0.075)=3.425となります。


例3)オートレースにはハンデレースがあります。

理論値の着順は、
例2)の想定競走タイムにハンデ分のタイム
(10M=0.01秒)
をプラスし、8車で比較して導くことができます。

******************
1号車:想定競走タイム3.425、
ハンデ50m(0.05秒)
2号車:想定競走タイム3.435、
ハンデ30m(0.03秒)

1号車 想定タイム3.425⇒ハンデ(0.05)
3.475
2号車 想定タイム3.435⇒ハンデ(0.03)
3.465
******************

偏差の理論値上、先着するのは2号車という答えが導けます。


- CLOSE -