過去のインフォメーション

BACK NUMBER

  選手会「ふるさと納税」山陽支部の寄付UPしました

(社)全日本オートレース選手会(会長 内田利彦)は、昨年に引き続き「ふるさと納税制度」に今年も賛同し、各選手会支部ごとに選手が協力し各オートレース場のある市に対し寄付を実施しました。
平成21年12月18日(金)、山陽支部の田方秀和支部長が山陽小野田市役所を訪れ、山陽支部所属で山陽小野田市外に居住の選手66名から募った寄付金208万円を白井博文市長へ手渡しました。
<白井博文市長コメント>
全日本オートレース選手会山陽支部から、市に貴重な寄付を頂き厚く御礼申し上げます。
これからも選手会・施行者共々協力し、山陽オートレースの発展に努めていきたいと思います。
<田方秀和選手コメント>
山陽オートレースのイメージアップにつながればと思います。
選手みんなが一生懸命協力できるよう、小さい事からこつこつ取り組んでいきたいと思います。
<内田会長コメント>
昨年に引き続き「ふるさと納税」制度を利用することで、日頃オートレース場で働いている者として、各オートレース場が所在する行政に少しでも貢献できればと考えています。
これからもオートレース選手会は、寄付や施設の慰問など社会福祉活動を積極的に行うことで、社会に貢献できればと考えています。
浜松支部の寄付
ページTOPへ